レシピID 20170621140528

洋菓子 焼き菓子

トロピカルフルーツのパイ

中級レベル

70分

印刷する

オーブン

SWEETSくまがい ゆうこ 先生

さくさくのパイにカスタードクリーム、ジューシーなトロピカルフルーツをたっぷり盛りました。甘いフルートと酸味のあるフルーツを組み合わせるのがポイント。ミントのグリーンがアクセントになります。

このレシピを6人がお気に入りしています

一辺約17cmの正方形1台分、または、長さ22cm幅10cmくらいの長方形1台分

材料
1枚(150g)
溶き卵 少々
120~150g
トッピング
バナナ 適量
マンゴー 適量
適量
グレープフルーツ 適量
加熱用ナパージュ 適量
ミント 適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 1

    パイシートは冷蔵庫で半解凍する。四辺をほんの少しずつ切りそろえ、18cm角にする。さらに2cm内側から正方形を切り取る。

  • 1のポイント

    これ以降パイはだれやすいので、手早く成型する。それでもだれて作業しにくくなったら、その都度冷やして生地を締めるように。

  • 2

    切り取った部分をのばし、18cm角の正方形にする。(少し大きめでもよい)

  • 3

    伸ばしたほうのふちに溶き卵を軽く塗る。

  • 4

    先の枠と卵ではりあわせる。枠のほうは下のシートごと裏返してのせるとやりやすい。

  • 5

    はみだした部分をカットする。

  • 6

    底の部分にフォークでまんべんなく穴をあける。一度冷蔵庫で1時間休ませる。

  • 7

    周囲にナイフで画像のように切り目をいれる。平均的に膨らむようになる。

  • 8

    溶き卵を底の部分、枠の部分に塗る。

  • 9

    200度で25分ほど焼く。途中10分くらいで底が浮くようならフォークで底部分を押してあまり膨らまないようにしておく。完全に焼いてからではつぶせないので注意。

  • 10

    焼き上がり。

  • 長方形の場合のパイケースの焼き方1

    2cm幅の帯を4本カットする。

  • 長方形の場合のパイケースの焼き方2

    残りの部分を縦方面だけ伸ばし、24cmくらいにする。

  • 長方形の場合のパイケースの焼き方3

    ふちに塗り卵を塗り、切り取った帯を継ぎながら貼り付ける。

  • 長方形の場合のパイケースの焼き方4

    正方形のパイケースと同様に塗り卵を塗り、同様に焼く。

  • 長方形の場合のパイケースの焼き方5

    焼き上がり。

  • デコレーション1(正方形、長方形パイケースとも同じようにデコレーションする。)

    アッシュカスターをのせ、底の部分に広げる。

  • デコレーション1のポイント

    ここでパイケースとアッシュカスターの間に、スポンジを薄くスライスしたものか、ほぐしたものを薄く敷いておくと、パイが水分で湿りにくくなる。お好みで。

  • デコレーション2

    1cm厚さのバナナ、角切りにしたマンゴー、パイナップル、皮と薄皮をとったグレープフルーツをトッピングしていく。

  • デコレーション3

    加熱用ナパージュに水少々(2割くらい)を加えてレンジにかけて溶かし、熱いうちにフルーツに塗る。

  • デコレーション4

    ミントを飾る。

SWEETS

くまがい ゆうこ 先生

葉山「サンルイ島」横浜「レジオン」世田谷「ル・パティシェ・タカギ」を経て、神奈川・中央林間でお菓子教室「クレーヴスイーツキッチン」主催。文京区 にて「 アトリエルカド」 も開講。著作に「デコレーションテクニック」「チョコレート菓子のテクニック」など多数。

くまがい ゆうこ 先生のレシピ