レシピID 20170511112948

和菓子 その他和菓子

緑風

初級レベル

40分

印刷する

電子レンジ 冷蔵庫 火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

初夏の風が新緑を揺らす爽やかな風情を、淡い黄緑色で表しました。 ほろほろ口の中で溶ける村雨生地に、ずんだあんの美味しさが引き立ちます。

このレシピを3人がお気に入りしています

村雨(14×11センチくらいの流し型1枚分(約4個分))
100g
3g
3g
1g
少量
少量
金団餡
ずんだあん 130g
0.5g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 下準備

    ・流し型にセパレートペーパーを2重に敷きます。 ・蒸し器の蓋に布巾をかぶせ、水蒸気が下に垂れるのを防ぎます。 ・蒸し器を火にかけ蒸気を上げておきます。 ・食用色素は少量の湯で溶いておきます。

  • 1(村雨)

    極上白こしあんを耐熱ガラスのボウルに入れ、キッチンペーパーを被せ、電子レンジ(600w)に1分半かけて水分を飛ばします。

  • 2

    黄色と緑色の食用色素で黄緑色に着色します。

  • 3

    餡が冷めたら上白糖と粉類を一緒に加え、粉が見えなくなるまで手で軽く混ぜます。

  • 4

    ザルで少量ずつ漉し出します。

  • 5

    漉し出した生地がだまになって固まらないように、まな板などの上に広げておきます。

  • 6

    流し型に均等に入れ、表面をゴムベラなどで軽く押して平らに整えます。

  • 7

    強火で約8分蒸します。

  • 8

    網の上にセパレートペーパーを敷き、蒸し上がった7を型から取り出し、冷まします。

  • 9(金団餡)

    鍋に寒天と水を入れ、火にかけ寒天を溶かします。

  • 10

    沸騰して寒天が完全に溶けたら、ずんだあんを加え、強めの火で焦がさないように練ります。

  • 11

    木ベラですくって垂らすとうっすらと積もり、鍋をゆすると平らになるくらいの硬さまで練ります。

  • 12

    村雨生地の上に11を乗せ、まんべんなく広げます。

  • 13

    巻き、そのまま金団餡を固めます。

  • 14

    冷めたら端を切り落とし、4等分に切り分けます。

所要時間: 冷ます時間・蒸す時間除く

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ