レシピID 20160725100249

洋菓子 冷たい洋菓子

ライスミルク×ほうじ茶ジェラート

初級レベル

30分

印刷する

冷凍庫 火気

GELATO齋藤 由里 先生

さらりとあっさりしたライスミルクをベースに、ほんのりお米の甘みと、ほうじ茶パウダーで香ばしさを存分に楽しめるジェラートに仕上げました。

栄養価も高く、暑い夏におすすめです。仕上げに黒みつをかけて、甘みをお好みで調整してお楽しみください。

このレシピを12人がお気に入りしています

約2〜3人前

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※調理時間には冷凍時間は含みません。

作り方

  • 作り方1

    材料を準備する。

  • 2

    鍋に水を入れ、60℃まで加熱、インスタントゼラチンをいれ、均一になるまで溶かす。

  • 3

    加熱しながらライスミルクパウダーを入れさらに混ぜ、火を止める。

  • 4

    転化糖・ブラウンシュガーを投入しさらによく混ぜ合わせ、ほうじ茶パウダーを入れ全体が均一になるように混ぜ合わせる。

  • 5

    氷水をはったボウルにつけて冷やす。

  • 6

    容器に入れ、冷凍庫で冷やし、途中何度か取り出してスプーン(ステンレス製のレンゲなど持ち手がしっかりしているもの)で良く混ぜる、練る、を繰り返し、ジェラート状にしていく。(よく混ぜる、練るのがポイント)
    ブレンダーがある場合は、ブレンダーと併行して下から空気を入れるようにかけていくと作りやすい。

    ※凍らす前(左)と完成間近の状態(右)

  • POINT

    ※よく混ぜる、練るのことがポイント 目安:20分ごとに冷凍庫から取り出し、下の方から空気を含ませるように全体をよくかき混ぜる工程を、固まるまで6回以上繰り返す。冷凍庫により固まり具合が異なるので、様子を見ながらよく混ぜ練る。

    ※使用する容器は金属製のものがおすすめ。

  • 完成

    お好みで黒蜜をかけていただく。

    ※冷凍庫に保存後、暫く経ってからいただく場合は、一度冷凍庫から取り出し柔らかくしてから再び混ぜる・練ってジェラート状にしてからいただく。

GELATO

齋藤 由里 先生

東京神楽坂にてイタリアのドルチェ教室giglio(ジリオ)主宰。本場イタリアのジェラテリアで技や秘訣を学び、それを元に機械を使わない手作りジェラートを考案。神楽坂レッスン他、イタリア食材店や外会場でのワークショップ等、素材の味を楽しめる手作りジェラートやドルチェを案内している。

齋藤 由里 先生のレシピ