レシピID 20170214123235

洋菓子 冷たい洋菓子

いちごのティラミス風ジェラート

初級レベル

40分

印刷する

冷蔵庫

GELATO齋藤 由里 先生

いちごの美味しい季節到来。いちごのティラミス風ジェラートを考えました。手軽にストックのできるドライ苺を使い、エスプレッソソースをほんのり効かせ、いちごのティラミスを食べているかのようなジェラートに。脂肪分も少なく、ヘルシーでさっぱりとした味わいのリコッタチーズを使うのが特徴です。(リコッタとはリ(再び)コッタ(加熱)という意味)富澤商店のバターミルクパウダーが、ほんのり甘いミルク感の引き立て役となり、さっぱりとしたチーズの味わいと苺の甘み、エスプレッソのコクがアクセントとなり、食べるとまるでティラミスを食べているかのような、余韻の心地良いジェラートに仕上げました。ほんのりピンクのカラーは、冬から春へ、これからの季節にピッタリ。パンケーキやクレープ、シフォンケーキなどのデザートに添えると彩りも良く、おもてなしのシーンにもおすすめのジェラートです。

このレシピを4人がお気に入りしています

ジェラート(約3人分)
牛乳 270ml
リコッタチーズ 200g
50g
7g
20g
練乳 23g
20g
エスプレッソソース 小さじ2
仕上げ
エスプレッソソース 適量
(又はココアパウダー) (適量)
エスプレッソソース
エスプレッソ 250ml
60g
小さじ1

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 準備1

    ドライ苺を細かく刻んでおく

  • 準備2

    麩をジップロックにいれ、めん棒で叩いて粉々にしておく

  • 準備3・エスプレッソソースの作り方

    エスプレッソソースを作っておく。 (エスプレッソソースの材料を鍋に入れて煮詰める)

  • 作り方1

    鍋に牛乳、バターミルクパウダー、もち麩、ドライ苺を入れて火にかける。

  • 作り方2

    麩が完全に溶け、しっとりしてきたら火を止める。

  • 作り方3

    熱が取れてからハンディブレンダーでいちごの粒がなくなり均一になるまで混ぜ合わせる。

  • 作り方4

    純ブドウ糖と練乳を加え更に混ぜあわせる。

  • 作り方5

    完全に熱が取れてから、リコッタチーズを加えさらに均一になるまでよく混ぜ合わせる。

  • 作り方6

    エスプレッソソースを加えて混ぜる。

  • 作り方7

    ステンレス製など熱伝導率の良い容器に入れ、冷凍庫へ。 →周りと下から少しずつ固まりだしてきたら20〜30分置きに冷凍庫から取り出し、持ち手のしっかりとした(レンゲタイプがおすすめ)スプーンで混ぜ、生地を押しつぶすように練る作業を繰り返す。 また、ハンディブレンダも併行して使い、ハンディブレンダをかけながら固めていく。

  • 作り方8

    出来たてをいただくのをおすすめしますが、完成後は時間の進行と共に固さも固くなりますので、いただく前に冷凍庫から取り出し、上記スプーンで練ったりハンディブレンダをかける作業を加えることで、しっとり滑らかなジェラートの状態でお楽しみいただけます。 エスプレッソソース又は、ココアパウダーを掛けて完成です。

※冷蔵庫で冷やす時間は除く ※エスプレッソソースの材料を鍋に入れて煮詰める

GELATO

齋藤 由里 先生

東京神楽坂にてイタリアのドルチェ教室giglio(ジリオ)主宰。本場イタリアのジェラテリアで技や秘訣を学び、それを元に機械を使わない手作りジェラートを考案。神楽坂レッスン他、イタリア食材店や外会場でのワークショップ等、素材の味を楽しめる手作りジェラートやドルチェを案内している。

齋藤 由里 先生のレシピ