レシピID 20160120165340

洋菓子 冷たい洋菓子

サクサクアーモンド入り濃厚チョコレート風ジェラート

初級レベル

30分

印刷する

冷凍庫 火気

GELATO齋藤 由里 先生

ノンカフェインでチョコレートの代用品として栄養価の高さが知られるキャロブパウダーを使って、チョコレートのような仕上がりにしました。キャロブパウダーそのものの良さを引き立てるため、相性のよいマスカルポーネチーズと、レモンのリキュール、ローストしたアーモンドをたっぷりと閉じ込めた、クリーミーでコクのある、爽やかな後味のアレンジジェラートです。

上からローストしたアーモンドをトッピングしたり、クラッカーに乗せたりクッキーにサンドしてもおすすめです!

 

このレシピを32人がお気に入りしています

約2~3人分

使用する道具
防滴クッキング温度計 / 1個

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※リモンチェッロはオレンジキュラソ―などのアルコール度数の高い柑橘系リキュールで代用可能です。また、お子様などアルコールがNGな場合はレモンやオレンジの皮のすりおろしでも代用可能です。

※写真のコーンは先生の手作りですが、シュガーコーンでも代用可能です。

※調理時間には冷凍時間は含みません。

作り方

  • 準備1

    材料を計っておく。

  • 2

    ローストアーモンドはめん棒などで細かく砕く。マスカルポーネチーズは常温において柔かくさせる。

  • 作り方1

    牛乳、インスタントゼラチン、キャロブパウダーを小鍋に入れ、ブレンダーにかけて全体を均一にしてから、約80度まで加熱する。
    ※加熱は、ゼラチン作用と全体均一・殺菌等の目的のため。
    ※ブレンダーがない時は、ミキサーでも代用可。

  • 2

    「作り方1」を、氷水をはったボウルにつけ、温度を下げながら常温で柔らかくしておいたマスカルポーネチーズと転化糖を加え、均一になるまでよく混ぜる。

  • 3

    「作り方2」に細かく砕いたローストアーモンドとリモンチェッロを加えて混ぜ合わせる。
    ※リモンチェッロは、オレンジなど柑橘系のリキュールで代用可。お子様などアルコールがNGな場合はレモンやオレンジの皮をすりおろしたものでも代用可。

  • 4

    容器に入れ、冷凍庫で冷やし、途中何度か取り出してスプーン(ステンレス製のレンゲなど持ち手がしっかりしているもの)で良く混ぜる、練る、を繰り返しジェラート状にしていく。

  • POINT

    ※よく混ぜる、練るのことがポイント 目安:20分ごとに冷凍庫から取り出し、下の方から空気を含ませるように全体をよくかき混ぜる工程を、固まるまで6回以上繰り返す。冷凍庫により固まり具合が異なるので、様子を見ながらよく混ぜ練る。

  • POINT

    ※容器は金属製のものがおすすめ。

  • 5

    固まったジェラートは食べる10分位前に冷凍庫から出し、柔かくなってきてから練るようにかき混ぜて、なめらかな状態にしてから盛り付ける。

  • 【キャロブパウダー】
    イタリアでは「カルーバ」と呼ばれ、ジェラートに入れると食感をしっとりとさせてくれる安定剤の効果がある。コクとすっきりとした後味、カカオのような香ばしさを併せ持ち、食物繊維やカルシウムも豊富で体にも優しく、ノンカフェインでヘルシーな食材としても知られる。

GELATO

齋藤 由里 先生

東京神楽坂にてイタリアのドルチェ教室giglio(ジリオ)主宰。本場イタリアのジェラテリアで技や秘訣を学び、それを元に機械を使わない手作りジェラートを考案。神楽坂レッスン他、イタリア食材店や外会場でのワークショップ等、素材の味を楽しめる手作りジェラートやドルチェを案内している。

齋藤 由里 先生のレシピ