レシピID 20160218153411

すはまだんご

初級レベル

30分

印刷する

WA・SWEETS西川 千栄 先生

雛菓子として、小さいものを飾ることも多いですが、小さくてかわいく簡単にできるすはまはいかがでしょうか。

黄色はきな粉、緑はうぐいすきな粉、赤は季節柄、苺パウダーを使って苺味にしました。

お子様も好きな味とやわらかさ、大人には懐かしい味のお菓子です。

このレシピを37人がお気に入りしています

各色20個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 黄、緑1

    きな粉と上白糖をよく混ぜ合わせる。
    砂糖が固まっている場合はざるで濾しておく

  • 2

    耐熱容器に水と水あめを入れ、レンジ(500W)に30秒かけて溶かす。

  • 3

    粗熱が取れた(2)を(1)のきな粉に加えよく混ぜ合わせる。

  • 4

    ある程度混ざったら手でこねてまとめ、切りやすくのばす。

  • 5

    ドレッジやナイフで、20等分にわけ、まるめる。

  • 6

  • 7

    全体に砂糖をまぶす。

  • 赤1

    (黄、緑1)の粉類にストロベリーパウダーもよく混ぜ合わせる

  • 2

    (黄、緑2)に、水で溶いた食紅を加える

  • 3

    以降の工程は、黄、緑と同じ

  • アレンジ

    串にささずにそのままでも

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ