黒豆ぜんざい

レシピID o-se-201112a-01

小豆をベースにふっくら煮た黒豆を加え、上品な甘さに仕上げたぜんざいです。黒豆の黒い色素は抗酸化作用や血液浄化に役立つ機能成分です。小豆は外皮に含まれるサポニンの作用でむくみをとったり、食物繊維がおなかの調子を整えます。

  • 中級レベル
  • 120分
  • 火気

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

6〜8人分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 1

    1

    黒豆はさっと洗って三倍程度の水に一晩つけて戻す。

  • 2

    2

    鍋に豆と戻した水、分量の酒を入れ、はじめは強火で茹でる。

  • 3

    3

    沸騰したら弱火でアクをすくいながらコトコト茹でる。

  • 4

    4

    豆が空気に触れないよう煮汁が減ってきたら差し水をし、指で軽くつぶせる程度の柔らかさになるまで茹でる。

    ※圧力鍋使用の場合は圧をかけて5分したら火を止め、そのまま圧が下がるまで放置する。

  • 5

    5

    小豆をたっぷりの水で洗い、ざるにあげる。

  • 6

    6

    3倍程度の水を入れる。

  • 7

    7

    沸騰させたら5分茹でる。

  • 8

    8

    写真のように水が茶色くなってくる。

  • 9

    9

    水が茶色くなってきたら茹でこぼす。

  • 10

    10

    再度3倍程度の水を入れ、最初は強火、沸騰したら弱火にして茹でる。

  • 11

    11

    途中アクをすくいながら煮汁が減ったら差し水を加える。

  • 12

    12

    柔らかくなるまで茹でる。
    ※小豆は他の豆のように一晩水に浸すことなく、水から茹でる。

  • 13

    13

    下茹でした黒豆を2カップを加える。

  • 14

    14

    煮汁100ccを加える。

  • 15

    15

    弱火で加熱しながらきび砂糖を加える。

    ※きび砂糖を混ぜる事で、コクのある甘さにしあがる。

  • 16

    16

    一旦豆がしまるが、加熱して柔らかくなったら、グラニュー糖の半分を加え、同じように残りのグラニュー糖も加え、3回に分けて糖分を加える。

  • 17

    17

    塩少々加えて味を整える。

  • 18

    18

    でき上がりの煮汁が豆の2倍程度に調整する。

  • 14

    14

    白玉を茹でて冷水に取り、一緒に盛り合わせる。