あんず杏仁豆腐

レシピID o-ni-201506a-01

西川 千栄 先生

西川 千栄 先生

あんずの種をシロップ漬けやお酒に一緒に入れると、特有の香りがつきますが、これは種を割った中の核、杏仁の香りです。 種を割るのは力のいる作業ですが、お手軽な杏仁の粉「杏仁霜」を使って杏仁豆腐をつくりましょう。 さらに干しあんずを合わせて杏づくしにしてみました。ふるふるの杏仁豆腐をお試しください。

  • 中級レベル
  • 60分
  • 火気

材料

約4人分

材料

大さじ4(30g)
牛乳
400g
大さじ1〜2
3枚(約7.5g)
ライム
1個

作り方

  • あんずの甘煮 1

    あんずは1cm角ほどにカットする。

  • 2

    2

    お湯で20分ほどふやかしておく。

  • 3

    3

    かぶるくらいの水とグラニュー糖を加えて弱火〜中火に5分ほどかける。

  • 4

    4

    冷ましておく。

  • 工程 1

    工程 1

    杏仁霜に牛乳を加え、よくかき混ぜる。

  • 2

    2

    ざるを通して鍋に移し、砂糖を加える。

  • 3

    3

    中火にかけ砂糖を溶かし、鍋肌がふつふつしてきたら火を止める。

  • 4

    4

    板ゼラチンをたっぷりの水で1〜2分戻し、生地に加え溶かす。

  • 5

    5

    バットなどの容器に流し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

  • 6

    6

    固まったらうつわに盛り、杏と煮汁を注ぎ、ライム汁を絞り、ライムを飾る。

  • アレンジ 1

    アレンジ 1

    ゼラチンを6gほどにして、柔らかめにし、器に流し固めても。

  • アレンジ 2

    アレンジ 2

    あんずのシロップ漬けや、今の時期、スイカを合わせてもおいしいです。

カテゴリ