桜カステラ

レシピID o-ni-201503b-01

西川 千栄 先生

西川 千栄 先生

スポンジケーキのようですが、水あめを入れることと、焼きあがってから寝かせることで、あのしっとり感がでてきます。 よく混ぜたり、“泡切り”という作業をしたり、手を入れながらきめ細かなカステラを目指してみてください。食紅は、紅こうじ色素だと、濃い黄色になります。ピンク色にしたいときは、食用色素をおすすめします。

  • 中級レベル
  • 90分
  • オーブン
  • 火気

材料

15×15の型(アルタイト角デコ缶 小) 1台分

材料

4個
120g
100g
大さじ2(40g)
お湯
20g
30g
適宜

使用する型

作り方

  • 準備 1

    準備 1

    卵は常温に戻しておく。

  • 2

    2

    型にオーブンペーパー(わら半紙でも)を、型に合わせて敷いておく。

  • 3

    3

    ボールの入る大きさの鍋にお湯を沸かしておく。
    (湯煎用)

  • 4

    4

    桜花の塩漬は水洗いする。その後30分以上水に漬して塩抜きをし、がくから花びらを外しておく。

  • 5

    5

    強力粉はふるっておく。

  • 6

    6

    オーブンは180℃に余熱しておく。

  • 工程 1

    工程 1

    卵と砂糖を大きめのボールに入れる。ボールを湯煎にかけながら、ハンドミキサーの低速→高速で泡立てる。

  • 2

    2

    白くもったりときめ細かくなるまで、しっかりと泡立てる。
    (5分程度)

  • 3

    3

    水あめをお湯で溶き、少しずつ加えながらさらに泡立てる。

  • 4

    4

    強力粉を3回に分けて加え、その都度ミキサーの低速でムラなく混ぜ合わせる。

  • 5

    5

    食紅を加え混ぜる。

  • 6

    6

    塩抜きしてがくから外した花びらをばらばらにして加え、ゴムベラでまんべんなく混ぜ合わせる。

  • 7

    7

    型に生地を上の方から流し込んだら、10cmくらい上からストンと2回落として空気を抜く。

  • 8

    8

    竹串を底まで刺して格子上に筋を入れる。
    (泡切り:気泡をとる工程)

  • 9

    9

    180℃のオーブンに入れ、1分半経ったら取り出し、霧吹きをまんべんなくかける。

  • 10

    10

    (工程 8)と同じように、格子状に竹串を入れ泡切りをする。

  • 11

    11

    180℃で10分焼き、表面に焼き色がついたら、アルミホイルをして160℃で40〜50分焼く。
    竹串をさして生地がついてこなければ出来上がり。

  • 12

    12

    型からはずし、表面にオーブンペーパーかラップをして逆さに置く。

  • 13

    13

    粗熱がとれたらラップをしてそのまま2日はおき、生地を寝かす。

    (この間にしっとりした生地になる)