ひとつぶ栗の桃山

レシピID 20220926001034

あんと卵の桃山生地で、大きな国産栗を包んだ、栗のかたちがかわいくて食べ応えのあるお菓子です。
お使いのオーブンにより、温度や焼き時間の調整が必要ですが、材料と工程はシンプルなので、お気軽にお試しください♪
出来たてより、1日おいたころが生地がなじんで食べ頃です。

  • 中級レベル
  • 60分
  • 電子レンジ
  • オーブン

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

6個分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 1 桃山生地

    1 桃山生地

    耐熱ボウルに桃山生地用の白あんと卵黄を入れ、よく混ぜ合わせる 。

  • 2

    2

    500Wのレンジにまず1分かけたら取り出し、全体をむらなく混ぜ合わせ、さらに30秒かけ、手にくっつかないくらいに水分をとばす。
    ※レンジの時間は状態をみて加減する。

  • 3

    3

    本みりんを入れてよく混ぜ、寒梅粉をふり入れたら手早く全体に混ぜ合わせる。

  • 4

    4

    ひとまとめにし、ラップに包み30分~1時間ほど休ませる。

  • 5 中餡

    5 中餡

    栗の甘露煮はペーパーなどに置きシロップを切る。

  • 6

    6

    白あんを6等分し、栗の甘露煮を包み丸くカタチを整える。

  • 7

    7

    寝かせた生地も6等分し丸め、6の栗を包んだ餡を包む。

  • 8

    8

    栗を思い浮かべ形作り、丸セルクルなどで線を、竹串などで点の模様をつける。

  • 9

    9

    底が焦げやすいので、オーブンの天板を2枚重ねるか、アルミホイルを敷き、220~230℃に予熱したオーブンでうっすら焼き色がつくまで7~8分焼く。

  • 10

    10

    焼き上がったら熱いうちに表面に本みりんを刷毛で塗る。

  • 11

    11

    粗熱がとれたらラップなどで包み、半日から1日おいた後が食べ頃です。

※生地を休ませる時間は含まない。