さっくり香ばしい!基本のシューケット

レシピID 20210406224539

SAWAKO 先生

SAWAKO 先生

シューケットは、シュー生地を小さく絞り出して焼く手軽で美味しいお菓子です。
パリのパン屋さんでは必ず置いてある、フランスでは定番のデイリーなおやつです。
さっくりと軽い食感で、沢山作ってもあっという間に食べてしまうはず!
ラッピングも合わせてご紹介していますのでぜひご覧下さい。

  • 中級レベル
  • 60分
  • オーブン
  • 火気

材料

シューケット25個分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 準備

    オーブンを200℃に予熱する。(生地を入れたら温度を下げて使用します。)

  • 1 シューケット

    1 シューケット

    水、牛乳、バター、グラニュー糖、塩を小鍋に入れ中火で溶かす。溶けたら火を止め、薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで混ぜる。

  • 2

    2

    再び中火にかけゴムベラで混ぜ続ける。鍋底全体に膜が張るまで加熱する。

  • 3

    3

    生地をボウルに移す。溶き卵を少しずつ加えゴムベラで混ぜる。
    ※混ぜ始めは写真の様に混ざりにくいですが、少しずつ馴染みます。

  • 4

    4

    卵を全体量の8割程度まで加えるとカスタードクリームのような固さになります。写真の様にゴムベラで持ち上げてみて、生地が三角形に落ちるのが理想。

  • 5

    5

    丸口金をセットした絞り袋に生地を入れる。3cm弱の大きさになるように絞る。

  • 6

    6

    生地に刷毛で残りの卵を塗る。フォークに卵を少しだけつけてくっつかないようにし、十字に軽めに跡をつける。

  • 7

    7

    ポップシュガーを上に乗せる。200℃で予熱したオーブンを190℃に下げて10分、その後180℃に下げて8分焼く。
    焼きあがったら、網などにのせて粗熱を取り完成。

  • 8

    8

    ポップシュガーの代わりに溶けにくいチョコチップを乗せるのもオススメ!

  • ラッピング

    ラッピング

    ステッカーを中央に貼った白無地袋に入れます。

  • ポイント1

    卵は目安の量となります。生地に加えるタイミングで全量使わないので注意!2での加熱時間により必要な量が変わります。残ったものは生地の上に塗るなどして利用しましょう。

  • 2

    生地の上に十字に跡をつける時には、潰しすぎると膨らみが弱くなるので、軽めに跡をつけましょう。

  • 3

    シューケットは、しっかりと焼き目を付けたほうが美味しいです。ご家庭のオーブンにより焼き時間を調整して下さい。