レシピID 20191215212224

和菓子 だんご・もち・練りきり

冬の薯蕷きんとん

初級レベル

60分

印刷する

電子レンジ 火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

雪の日のように白いきんとんに、クリスマスをイメージした色をあしらいました。
きんとんは大和芋をつかった練切りを、餡にもフランボワーズを混ぜ込みました。
きんとんこしを使えば本格的ですが、うらごしやザルでも繊細なきんとんができます。
練切りのかたさや、こし出し加減は、なんどか試してみてください♪

このレシピを9人がお気に入りしています

6個分

薯蕷生地
大和芋(皮をむいて蒸して裏ごした量) 100g
20g
120g
使用道具
1組

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 1

    白あんにフランボワーズドライフレークをむらなく混ぜ込み、6等分して丸めておく

  • 2

    大和芋は、スプーンや包丁で皮をこそぎ、1cmほどの厚さに切り、火が通るまで15分ほど蒸す

  • 3

    熱いうちに裏ごす

  • 4

    砂糖を混ぜ込む

  • 5

    白あんを耐熱ボールに入れかるくほぐし、ペーパーをかぶせ、レンジ(500w)で1分加熱する

  • 6

    取りだしたらまわりについた水滴を拭き取り、あんを混ぜほぐし、さらに1分かける

  • 7

    何回かくりかえし、ほろほろ白っぽくなるまで水分をとばす(3~4分)

  • 8

    大和芋の生地と合わせよく混ぜもみ込む

  • 9

    手ぬぐいや布巾などに生地をちぎってちらす

  • 10

    しばらくおいて布巾を使ってひとまとめにしよくもみこむ
    この作業を2~3回繰り返す

  • 11

    白くなめらかな生地になったら乾かないようにラップで包んでおく

  • 12

    生地を30gほど(1個分)とり、1cmほどの厚さにし、ザルまたは裏ごし(商品No.00746200)でこしだす
    3回くらいで押し出し切る
    (きんとんこし(商品No. 01801200)を使うと本格的に!)

  • 13

    まずは底面に、短く出たそぼろを箸でとってつける

  • 14

    箸でそぼろをまとめてとり、餡に箸を刺すようにしてそぼろをつけていく

  • 15

    持ち上げるときは箸を刺して移動する

  • 16

    フランボワーズドライフレーク、銀粉をちらす

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ