レシピID 20191026171158

和菓子 だんご・もち・練りきり

和栗大福

初級レベル

30分

印刷する

電子レンジ

WA・SWEETS西川 千栄 先生

餡においしい和栗ペーストたっぷり練り込んで、渋皮煮と一緒にやわらかいお餅で包みました。 栗の風味がお口いっぱいに広がります。 甘露煮を入れると食感や味わいが変わるので食べくらべても♪

このレシピを7人がお気に入りしています

8個分

生地
80g
130g
大さじ2
少々
中種
3~4個
その他
適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    渋皮煮を2〜3分割して汁気を切っておく

  • 準備2

    バットに片栗粉をしいておく

  • 作り方1

    栗ペーストと白あんをムラなく混ぜ合わせ、八等分して丸める

  • 作り方2

    耐熱ボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えて、粒を潰すように混ぜ合わせていく

  • 作り方3

    滑らかに混ざったら砂糖と塩を加え混ぜる

  • 作り方4

    レンジ(500W)にまず1分半かけたら全体を混ぜ合わせ、その後1分ずつ加熱し火を通す 全体に透明感がでて火が通るまで4分前後

  • 作り方5

    バットにひとまとめにとりだす

  • 作り方6

    生地の端を持ち折りたたむか、上から片栗粉を振るかして、全体に粉をまぶす

  • 作り方7

    生地を八等分する まず二等分、それを二等分、また二等分という風にするとわけやすい

  • 作り方8

    生地に渋皮煮をおき、栗餡をのせて包餡する

  • 作り方9

    閉じた部分を下にしておいていく

  • 作り方10

    余分な粉をはらい、かたちをととのえたら出来上がり

  • 出来上がり

    できあがり

  • アレンジ

    栗の渋皮煮にかえて甘露煮を包んでも

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ