レシピID 20190618141903

和菓子 だんご・もち・練りきり

レモン大福

初級レベル

30分

印刷する

電子レンジ

WA・SWEETS西川 千栄 先生

レモンの皮も入ったペーストを、餡にも、もち生地にも練り込んだので、レモン感たっぷりの大福です。
見た目もかわいいレモンにしてみました♪

このレシピを13人がお気に入りしています

8個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    白こしあんにレモンペーストを混ぜ、8等分に丸めておく。
    柔らかくて丸められない場合はペーパーにのせて水分を切るようにしてから丸める。

  • 2

    レモンクォーターは細かいみじん切りにする。

  • 3

    食用色素をごく少量の水で溶いておく。

  • 4

    バットに片栗粉を敷いておく。

  • 作り方1

    耐熱ボールに白玉粉と水を100g入れ、粒をつぶしながらなめらかになるように混ぜ合わせる。

  • 2

    残りの水、レモンペーストを加えてまんべんなく混ぜ合わせる。

  • 3

    水で溶いた食用色素をお好み量加える。
    加えなくてもほんのり黄色になるが少量加えるとレモンらしい。

  • 4

    レンジに入れ500Wでまず1分半かけ、全体かるくまぜてさらに1分、というように状況をみながら透明感がでるまで4分~5分加熱する

  • 5

    全体に火が入ったら、刻んだレモンクォーターを加え混ぜる。

  • 6

    片栗粉を敷いたバットにひとまとまりになるように落とす。

  • 7

    折りたたむか片栗粉をふり、全体に片栗粉をまぶす。

  • 8

    生地を8等分にする。
    切り口をなるべく小さく、親指と人差し指でちぎるように、まず2等分、それをさらに2等分というようにしていくとよい。

  • 9

    〈準備1〉で作ったレモン餡を包む。

  • 10

    余分な粉をはらい、ややレモンを意識した形に丸める。

  • 11

    両端を指でつまむようにして形づくる。

  • 12

    できあがり。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ