レシピID 20190527114402

和菓子 冷たい和菓子

天の川(錦玉羹)

初級レベル

60分

印刷する

火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

錦玉羹を青いグラデーションに染めて星の輝く夜空を表し、上南粉を加えた上南羹を真ん中に配置して天の川に見立てました。
下半分はレモン果汁たっぷりのレモン羹でさっぱりと。
錦玉羹を重ねる作業は、冷蔵庫に入れると水滴が表面についてくっつきにくくなるので、常温で行ってください。

このレシピを18人がお気に入りしています

7.5×12センチくらいの流し型1枚分

材料
4g
300g
300g
8g
レモン汁 8g
レモンの皮のすりおろし 1/3~1/4個分
少量
少量
少量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※冷やし固める時間を除く。

作り方

  • 工程1

    2017年3月の 「桜の錦玉羹」作り方1~3を参照して、錦玉羹を作ります。

  • 2

    水で軽く濡らしておいた型に錦玉羹を20gほど流し、上から金箔を振ります。残りの錦玉羹は固まらないように湯煎しておきます。

  • 3

    2の錦玉羹がほぼ固まったら、型を斜めに傾けて固定します。

  • 4

    湯煎しておいた錦玉羹から20g取り、濃い目の青紫色に着色します。

  • 5

    型に流します。

  • 6

    5が固まりかけたら、錦玉羹から40g取り、4より薄めの青紫色に染め、5の上にそっと流します。

  • 7

    同様にして、錦玉羹から55g取って青色に染めて流します。

  • 8

    更に65gの錦玉羹を水色に染めて流します。

  • 9

    錦玉羹から50gを取り、上南粉を加えてよく混ぜ合わせます。

  • 10

    固まりかけた7の上に流します。

  • 11

    残りの錦玉羹にレモン汁とレモンの皮を加えて混ぜ合わせます。

  • 12

    傾けていた型を戻し、10を流し、固めます。

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ