レシピID 20180310102030

和菓子 だんご・もち・練りきり

春霞

初級レベル

120分

印刷する

WA・SWEETSユイミコ 先生

日持ち:1日
桜餅でおなじみの道明寺生地で桜餡を包み、桜餅風の味わいのお菓子に仕上げました。
氷餅を周りにまとわせ、霞がかった春の情景を表しています。
桜の香る和菓子で、一足先に春を感じましょう。

このレシピを10人がお気に入りしています

約12個分

材料
1合
40g
熱湯 100g
少量
桜餡 180g
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 下準備

    もち米は水洗いして、3倍以上の水に一晩浸けます。
    蒸し器を火にかけ蒸気を上げておきます。

  • 1

    もち米の水気をよく切り、乾いた布巾に包んで揉み、粒を砕きます。

  • 2

    布巾に包んだまま、強めの火で15分蒸します。(もち米に半分ほど火が通った状態)

  • 3

    蒸し上がりに合わせて熱湯を用意し、ピンク色に着色します。

  • 4

    蒸し上がった2をボウルにあけ、3の熱湯を加えて泡立て器でまんべんなく混ぜ合わせます

  • 5

    表面を平らにならしてラップをぴったりとかけ、30分~1時間ほど寝かせます。

  • 6

    布巾に包んで再度10分強めの火で蒸します。

  • 7

    蒸し上がったらボウルにあけ、上白糖を3回に分けて加えながら、粘りが出ないようにさっくりと混ぜます。

  • 8

    手に水をつけながら30gずつに分け、桜餡を包みます。

  • 9

    氷餅を細かく砕き、8にまぶします。

※もち米を水に浸ける時間を除きます

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ