お菓子のワンポイントに!お砂糖の桜!

レシピID 20160210163254

Bean 先生

専用の口金でポンと絞ることで、簡単に出来るお砂糖の桜です。添えるだけでいつものお菓子がぐっと華やかになります。バースデーケーキの飾りや、ひな祭りのお菓子のワンポイントにおすすめです。 粉末食用色素はアイシングカラーとは違い渋い感じの色味があり、和菓子にも合いそうな色合いです。

  • 初級レベル
  • 45分

材料

約35個分(直径3cm前後)

作り方

  • 準備

    今回使う桜と葉の口金。それぞれ絞り袋にセットしておく。基本のアイシングを粉砂糖140g分用意しておく。

  • 作り方1【桜の花】

    小皿に少量の水を取り、食用色素を粉っぽさがなくなるまでしっかり溶かす。

  • 2

    [1]に基本のアイシングの3/4量を加え、粉糖(分量外)を硬さを見ながら足していく。出来るだけ気泡が入らないように混ぜる。

  • 3

    ピンとした角が立つくらいになったら、桜の口金の付いた絞り袋に入れる。

  • 4

    トレーにクッキングペーパーを敷き、四隅をテープで留める。

  • 5

    口金をトレーに付けた状態からぎゅっと絞り出す。

  • 6

    絞り袋を握る力を抜きながら、真上にすっと引き抜く。

  • 7

    表面が乾かないうちに、花の中心にアラザンを3つ付ける。

  • 8

    別の作業をしている間、口金のアイシングが乾かないようにラップをして、硬く絞った濡れ布巾を被せておく。

  • アイシングに気泡が入っていると、写真のように穴が開いてしまうので、絞り袋に詰める際に出来るだけ気泡は潰しておく。

  • 9

    ほこりが付かないよう、乾燥した場所で半日程しっかり乾かす。

  • 10【葉っぱ】

    [1]~[3]と同様の手順で緑のアイシングを作り、口金に詰める。

  • 11

    クッキングペーパーに斜めに付けた状態から絞り出し、力を抜きながら引き抜く。

  • 力を抜くのが早すぎると葉の先が割れてしまうので注意する。

  • 12

    ほこりが付かないようしっかり乾燥させる。緑のアイシングは少量コルネに取り分けておく。

  • 13

    乾いたらクッキングペーパーからはがす。しっかりと乾燥していれば、ペリッときれいにはがれる。
    なかなかはがれない場合は乾燥が不充分なので、もうしばらく置いておく。

  • 14

    葉っぱも同様にはがしたら、取り分けておいた緑のアイシングを桜の裏に厚めに絞る。

  • 15

    [14]に差し込むように葉っぱを付け、しばらく乾燥させる。

  • 16

    クッキーやマフィンなど、お好みのお菓子にトッピングする。

  • 17

    すぐに使わない場合は葉っぱを付けずに、シリカゲルと一緒に密閉容器で保存する。

  • 【ポイント1】

    [作り方1]粉状の色素で色付けする場合は、一度水に溶いてから加えないと色素がダマになってしまいます。鮮やかな色を出したい場合は、ペーストタイプのアイシングカラーを使うと良いです。

  • 【ポイント2】

    [作り方8]アイシングが口金のまわりに付いたりそれが固まったりすると、お花の形がゆがんでしまう原因になるので、こまめに拭き取るようにしましょう。