レシピID o-ni-201402b-01

手亡いんげんの春色しるこ

初級レベル

20分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

手亡いんげんの餡は、いんげんの風味がよく、ゆるくしていただくと葛湯のようなやさしいお味がします。

苺との相性がとてもよく、桜花のフレークの塩味と香りがお互いを引き立たせます。

華やかな春色のおしるこ、これからの季節、おもてなしにもいかがでしょう。

このレシピを17人がお気に入りしています

4人分

材料
200g
お湯 90g
60g
60g
適宜
適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 【白玉をつくる】 1

    白玉粉に、水をすこし残してそそぎ粒をつぶすように混ぜていく。やわらかすぎると丸められなくなるので調整しながら。

  • 2

    全体に水分がまわり丸めてもひび割れしないくらいのかたさにする。だいたい均等にちぎっておく。鍋にお湯を沸かしておく。

  • 3

    丸めながら沸騰した湯におとしていく。

  • 4

    白玉が浮いてきてから1分半ほど、充分に加熱する。

  • 5

    真ん中をおさえてみて、芯がないことを確認したら上げて水にとる。

  • Point

    白玉は、水から上げたらクッキングペーパーにのせておくとくっつかずに扱いやすいです。
    このまま冷凍もでき、自然解凍でいただけます。

    盛り付けるときは、手に水をつけてとるとくっつきません。

  • 【しるこをつくる】 6

    白こしあんにお湯を注ぎよく混ぜ合わせる。

  • 7

    中火にかけて火を通す。

  • 8

    おしるこを器に入れ、白玉粉、いちごを盛り、桜の花フレークをちらす。

  • アレンジ

    【手亡いんげんホットジンジャーしるこ】

    手順(6)で、ジンジャーパウダーを加え混ぜ、あたたかいままいただく。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ