レシピID o-ku-201411b-01

洋菓子 焼き菓子

マロンのガレット

中級レベル

50分

印刷する

オーブン 冷蔵庫

SWEETSくまがい ゆうこ 先生

外側はさっくり、中はしっとりのガレット生地にマロンをはさんで焼き込みました。マロンの風味に合わせてブラウンシュガーも混ぜ込んだので、しっとり風味よく焼きあがります。

コーヒー入りの塗り卵をして模様を描くと、はっきりと浮き上がります。

このレシピを61人がお気に入りしています

24×10cm長方形タルト型1台分

デコレーション
卵黄 1個
インスタントコーヒー(粉末) 1〜2g
小さじ1/2
適量
適量
使用する型
セパトタルト型 長方形 1個
材料
明治バター(食塩不使用) 90g
30g
60g
卵黄 2個
牛乳 10g
ネグリタラム 5g
エクリチュール(日清製粉) 140g
2g
7〜8個

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 型の準備

    底板にアルミホイルを包むようにして巻き、セットする。側面には無塩バター(分量外)をざっと塗る。

  • 1

    栗渋皮煮は横に半分にスライスし、キッチンペーパーに並べて水けを切っておく。

  • 2

    ガレット生地を作る。クリーム状にした無塩バターにブラウンシュガーを加え、すり混ぜる。

  • 3

    粉糖も加え、すり混ぜる。

  • 4

    卵黄、牛乳、ラム酒を順に加え、そのつど混ぜる。

  • 5

    ベーキングパウダーと一緒に薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで混ぜる。

  • 6

    全体がなめらかになったら生地の出来上がり。

  • 7

    生地を型に170gのせる。ひろげてのせるとよい。

  • 8

    ゴムベラで型の底、側面がカバーされるように広げる。ふちにすりきるようにし、均等な厚みになるようにする。

  • 9

    半割りにした栗をカット面を上にして並べ、軽く押さえておく。

  • 10

    残りの生地を分けてのせる。

  • 11

    ゴムベラを寝かせるようにして淵にすりきり、表面をならす。真ん中が少し凹む程度の量になっている。

  • 12

    ※一度冷蔵庫で30分程度冷やす。

  • 13

    仕上げ用の卵液をつくる。インスタントコーヒーを水でとき、卵黄をくわえる。

  • 14

    よく混ぜて均等にする。

  • 15

    刷毛で全体にまんべんなく塗る。卵液が真ん中にたまってしまうほどたっぷり塗らないようにする。

  • 16

    竹串で好みの模様を描く。深く生地を掘り過ぎないよう注意。表面の生地を軽く削る程度の深さに。

  • 17

    模様が完成。

  • 18

    両側の淵にアーモンドスライスをぎっしり貼り付け、180度のオーブンで35分くらい焼く。

  • 19

    香ばしく焼き色がついたら出来上がり。

  • 20

    粗熱がとれたら逆さにして型から出し、アルミホイルをはがして表側に戻す。

  • 21

    好みで溶けない粉糖を淵に茶こしでふって完成。

  • 保存方法

    焼いてから2日以降が食べごろ。乾燥しないように密閉容器に入れ、冷暗所で1週間保管できる。

SWEETS

くまがい ゆうこ 先生

葉山「サンルイ島」横浜「レジオン」世田谷「ル・パティシェ・タカギ」を経て、神奈川・中央林間でお菓子教室「クレーヴスイーツキッチン」主催。文京区 にて「 アトリエルカド」 も開講。著作に「デコレーションテクニック」「チョコレート菓子のテクニック」など多数。

くまがい ゆうこ 先生のレシピ