レシピID d0029

料理 ごはんもの・麺・パスタ

あさりと干したけのこのまぜご飯

中級レベル

60分

印刷する

火気

JAPANESE FOOD野本やすゆき 先生

あさりと干したけのこのまぜご飯に、錦糸玉子、菜の花をのせました。春の行楽弁当にもおすすめです!

このレシピを6人がお気に入りしています

2〜3人分

材料
10g
あさり(むき身) 50g
しょうがの千切り 1かけ分
大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1
ご飯 1合分
錦糸卵
1個
小さじ1
サラダ油 適量
菜の花
菜の花 3〜4本
大さじ1
1カップ

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 準備1

    干たけのこを一晩水に浸す。

  • 作り方1

    菜の花を食べやすい大きさに切る。鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を少々いれて菜の花を1分ほどゆでて、ザルにあげて冷水におとして絞る。ボウルに水、白出汁を入れて菜の花を浸す。

  • 2

    干たけのこを2〜30分ゆでて、5mm幅に切る。

  • 3

    ボウルにたまごを割りほぐし、砂糖を加えて混ぜあわせる。フライパンにサラダ油を熱し、たまごを流し入れて片面を焼き、裏返してサッと焼いて取り出す。粗熱がとれたら、千切りにする。

  • 4

    フライパンに酒、醤油、みりん、しょうが、あさり、干たけのこを入れて火にかけ、煮汁が2/3くらいになるまで煮る。

  • 5

    ボウルにごはん、�Cを入れて混ぜ合わせる。器に盛り付けて錦糸玉子、菜の花をのせる。

JAPANESE FOOD

野本やすゆき 先生

大学商学部卒業後、調理師学校に入学し調理師免許取得。
谷中で一番古い家業の寿司店で修業するかたわら、祐成陽子クッキングアートセミナーに入校。卒業後、同校アシスタントスタッフを経て独立。
料理雑誌へのレシピ提供、テレビ番組や広告のフードコーディネート、料理講師、フードコーディネーター養成スクールの講師、寿司屋の経営など、食にかかわるジャンルで幅広く活躍。
著書に「老舗寿司屋三代目が教える まいにち食べたい魚料理」(大和書房)がある。

野本やすゆき 先生のレシピ