さくらの琥珀糖

レシピID 20210226160855

砂糖の結晶化の様子を観察することができる、和菓子「琥珀糖」。春らしく、桜を用いて仕上げています。乾燥する前の状態も美味しいですが、4日ほど乾燥させた半生菓子は表面はシャリット内側はしっとりとても美味しいお菓子です。

  • 初級レベル
  • 45分
  • 冷蔵庫
  • 火気

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

12cm×18cmバット1台分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 下準備

    下準備

    バットは水にくぐらせておく。
    桜花の塩漬は水にさらして塩抜きしておく。

  • 1

    1

    鍋に、微粒子グラニュー糖と水、いちごシロップ、粉末寒天を入れる。

  • 2

    2

    中火にかけ、ゴムベラで混ぜながら材料を溶かす。
    沸騰したら弱火にし、とろみがつくまで約2分加熱し火を止める。

  • 3

    3

    2の加熱中に出てきたアクは、食感や見た目(透明度)が悪くなるため、スプーンで取り除く。

  • 4

    4

    バットに流し、桜花の塩漬を菜箸で散らす。冷蔵庫で40分冷やす。

  • 5

    5

    クッキングシートに取り出し、抜き型で桜の花びらの形に抜く。
    間隔をあけて並べ、2日ほど室内で乾燥させる。裏返して、さらに2日乾燥させる。※夏場は、3~4日かかる場合もあります。

  • 5