レシピID 20190314100057

和菓子 まんじゅう・どら焼き

桜の薯蕷まんじゅう

初級レベル

40分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

山芋の力で膨らんだ、真っ白で風味豊かなおまんじゅうです。 桜の季節にはやはりお菓子も桜色に♪ 桜あんは、香りと風味がよくおいしいこの時期だけのお味です。

このレシピを11人がお気に入りしています

8個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    蒸し器の準備をする。 露がおちないように蓋にふきんをかませておく

  • 2

    桜花の塩漬けは、さっと洗ってから水に15分ほどつけたら、ペーパーにとり、形をととのえておく

  • 3

    餡は25gずつわけて丸めておく

  • 作り方1

    山芋パウダーに水を加え、粘りが出るまでよく混ぜる

  • 2

    砂糖を2〜3回にわけて加え、その都度力強くよく混ぜ、ツヤのあるなめらかな生地にする

  • 3

    薯蕷粉を入れたボールに生地をひとまとめにして入れる

  • 4

    生地の端をもち、半分に折りたたみ上から押さえる、を繰り返し、粉を生地に入れていく

  • 5

    ある程度粉が入り、生地にコシがでてきたら、ひとつまみつまんでみて、ポスッっとちぎれるようなら出来上がり。 お餅のようにのびるようなら、まだ粉を折りたたんで入れていく

  • 6

    生地の状態ができていれば粉が残っていても大丈夫

  • 7

    8等分に分ける

  • 8

    ボールに残った粉を手粉にし、餡を包む。 餡が生地から出ないように生地をとじる

  • 9

    丸く形をととのえる

  • 10

    蒸し器に2~3センチ間隔をあけて並べたら、前面に霧を吹き、 中火〜強火で10分蒸す

  • 11

    蒸しあがったら、手水をつけ網にとる

  • 12

    粗熱が取れたら温めたフライパンで上部に焼き色を入れる。 いちど裏面で焼き色の付き方を確かめてみるとよい

  • 13

    桜花をのせる

  • 14

    桜花ドライフレークをちらして出来上がり。 出来上がったら、まんじゅうポリシートに包んでおくと乾燥しない

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ