レシピID 20170330131531

和菓子 だんご・もち・練りきり

岩根躑躅

中級レベル

30分

印刷する

WA・SWEETSユイミコ 先生

山の岩根に咲く躑躅を「こなし」という生地で表しました。 「こなし」は「練切」同様、上生菓子に使われる生地で、「練切」が関東で主流なのに対し、「こなし」は主に関西地方で多く作られます。 白餡に粉類を混ぜて蒸したものをよく揉み混ぜ”こなす”ことからこの名前が付いたと云われてます。

このレシピを4人がお気に入りしています

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 下準備

    ・蒸し器を火にかけ蒸気を上げておきます。 ・砂糖と水(共に分量外)を1:1の割合で沸騰させて蜜を作り、冷ましておきます。 ・抹茶は同量の砂糖(分量外)と合わせて少量の熱湯で溶いておきます。 ・食用色素は少量の湯で溶いておきます。

  • 1

    極上白こしあんをボウルに入れ、上白糖と粉類を合わせてふるい入れ、手でさっくりと混ぜ合わせます。

  • 2

    ひとまとめにします。

  • 3

    蒸し器に乾いた布巾を敷き、2を適当な大きさにちぎり入れます。

  • 4

    上からも布巾をかけ、強火で約25~30分蒸します。

  • 5

    ボウルに取り出し、木べらでなめらかになるまで混ぜます。 40g程度取り分け、ピンク色に着色します。残りは混ぜながら抹茶で着色します。

  • 6

    9等分して丸めます。

  • 7

    手のひらで丸く広げます。

  • 8

    極上こしあんも9等分して乗せ、ひだを寄せるようにして中央に寄せます。

  • 9

    6枚のひだを作り、形を整えます。

  • 10

    赤色に着色した生地をフルイで漉し出します。

  • 11

    先の細い箸などで9に乗せます。

所要時間:蒸し時間を除く

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ