レシピID 20170214104014

パン 菓子パン

ショコラカヌレ  エディブルフラワー

中級レベル

60分

印刷する

オーブン 火気

BREAD海野 綾子 先生

近頃パン屋さんでもよく売られるようになった「カヌレ」はフランス、ボルドー地方の焼き菓子です。 パリの大変有名なパン屋さんのレシピを参考に、米粉を使ってアレンジしてみました。小麦粉アレルギーの方でも安心して召し上がれます。 米粉を使うことで、味は本場カヌレさながら、しっとり感がよりアップしますよ。 バレンタインバージョンにはカヌレショコラ。 友チョコとしても、本命チョコとしても使えそう! 他とは差がつくバレンタインギフトとして今年は挑戦してみてはいかがでしょうか。

このレシピを0人がお気に入りしています

silikomart SF033 スモールカヌレ型使用 φ35mm 1枚
型に塗る無塩バター 適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※米粉はメーカーによって吸水量なども異なり、扱いにくいことがあります。 初めての方はこのコラム内で紹介しているものをお使いください。

作り方

  • 準備

    計量をする。

  • 鍋に牛乳を用意する。バニラビーンズを縦に切り、中のビーンズをナイフで軽くかき出しながらさやごと加える。

  • バター、砂糖の半分量を加え、火にかける。

  • ボールに卵を割り入れ、溶く。

  • 残りの砂糖を加え、砂糖が溶けるまで混ぜ合わせる。

  • ラム酒を加える。

  • 米粉とココアパウダーを振るいながら投入し、よくかき混ぜ合わせる。

  • 鍋の中が沸騰直前になったら、火を止めて、チョコレートを加え混ぜる。

  • ボールの中へ少しづつ加えながら混ぜ合わせていく。

  • ザルなどで漉しながら、フタ付き保存容器へ流し入れ、冷蔵庫で半日~1日寝かせる。

  • 型にバターを薄く塗る。

  • 前日に用意した生地を、ゴムベラなどで一度かき混ぜる。

  • 生地を型に流し入れる。その際、型の8~9割の高さになるようにする。

  • 焼成①

    オーブンを230℃で予熱する。焼く直前に220℃に下げて、下段で約30分焼く。しっかりとした焼き色が望ましいので温度を下げずに焼き上げる。上火ばかり強い場合はアルミホイルなどを上にのせる。

  • 焼成②

    型に入れたまま粗熱が取れるまで待ち、その後、型から取り出す。

※所要時間に冷蔵庫で半日~1日寝かせるは含んでおりません

BREAD

海野 綾子 先生

横浜「ミモザクッキング」主宰、1998年の開校当初よりパン講師を勤める。国産小麦のしっかりとした粉の旨味、酵母が醸し出す優しい味わい、シンプルこそ感じることができる素材の美味しさに感動し、以降自然酵母や世界のパンを独学で研究。ル・コルドン・ブルー卒業。

海野 綾子 先生のレシピ