レシピID 20161115180606

和菓子

りんご(求肥製)

中級レベル

50分

印刷する

火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

このレシピを13人がお気に入りしています

材料(約8個分)〈求肥生地〉
50g
100g
100g
25g
 少量
〈りんご餡〉
150g
りんご(紅玉)  1個
20g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※調理時間に、餡を冷ます時間は除く。 ※日持ちは、常温で2日。

作り方

  • 1

    りんご餡を作ります。りんごは皮をむき、5ミリ角くらいのサイの目切りにして塩水に晒します。

  • 2

    鍋に1のりんごとグラニュー糖を入れ、火にかけりんごが透き通るまで煮ます。

  • 3

    白こしあんを加え練り、元の餡と同じくらいの硬さになったらピンク色に着色して火からおろします。

  • 4

    まな板などの上に取って冷まし、25gずつに分けて丸めておきます。

  • 5

    求肥生地を作ります。白玉粉を鍋に入れ、水を少しずつ加えて混ぜ合わせます。

  • 6

    中火にかけ練り、全体的に固まってまとまったら火を弱めて更によく練ります。

  • 7

    つやが出てくるまでしっかりと加熱したら、上白糖を3回くらいに分けて入れ、その都度よく練ります。

  • 8

    更につやが出てしっかり火が通ったら水飴を加え、木べらですくって落とすとリボン状に流れ落ちるくらいの固さに練り上げます。 ※途中固いようなら差し水(分量外)をします。

  • 9

    バットなどの上に片栗粉(分量外)をふるい、その上に求肥生地を取り出します。

  • 10

    手に求肥がつかないように気を付けながら、半分に折りたたみます。こうすることで、生地に余分な片栗粉を入れず表面だけに片栗粉をまぶすことができ、次の作業がしやすくなります。

  • 11

    生地を20gずつに切り分け、りんご餡を包みます。

  • 12

    目の細かい乾いた布巾をかぶせて軽く張り、箸で真ん中にくぼみをつけます。 くぼみに黒文字を挿します。

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ