国産天草のつるつる寒天

レシピID 20160727124213

西川 千栄 先生

西川 千栄 先生

国産天草の棒寒天は、戻すのも溶けるのもゆっくりですが、風味とこしがあります。ややかために固めて、ところてん突きで突き出し、甘ずっぱいデラウエアと、白小豆の粒あんを合わせました。
つぶつぶとつるつるの食感がたのしくおいしいです。
固まった寒天を、1㎝角ほどの小さ目に切り、合わせても。
かわりフルーツみつ豆をどうぞ♪

  • 初級レベル
  • 40分
  • 火気

材料

4~5人分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 作り方1

    作り方1

    白雪寒天を水に浸し、柔らかく戻しておく(5〜6時間)。

  • 2

    2

    ぶどうの皮を剥き、その際出る果汁一緒にしておく。

  • 3

    3

    小鍋に砂糖と水を入れ沸かし、レモン汁、②のぶどうと果汁を加え、ひと煮たちしたら火を止め、冷やしておく。

  • 4

    4

    戻った寒天を細かくちぎり鍋に入れ、水を加えて、火にかける。

  • 5

    5

    沸騰したら弱火にし、寒天が溶けて見えなくなるまで煮る。

  • 6

    6

    寒天が溶けたら、細かい目のザルかペーパーなどで濾しながら容器に流し冷やし固める。

  • 7

    7

    固まったらところてん突きの大きさに合わせてカットし、突き出す。

  • 8

    突き出した寒天、白小豆あん、ぶどうシロップもよく冷やし、器に盛る。