レシピID 20160316162251

洋菓子 冷たい洋菓子

簡単桜餅風ジェラート

初級レベル

30分

印刷する

冷凍庫 火気

GELATO齋藤 由里 先生

春を感じさせてくれる風流な和菓子、桜餅。

ほんのり優しいピンク色で、食べると程良いモチモチ感、甘みの中に塩気がアクセントとなる、桜餅をイメージしたジェラートです。

食後にお茶と一緒に、さっぱりとお楽しみいただけます。

このレシピを18人がお気に入りしています

約3人前

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

調理時間には冷凍時間は含みません。

作り方

  • 準備

    材料を用意する。

  • 作り方1

    牛乳と道明寺粉を小鍋に入れ、ブレンダーにかけて全体を均一にしてから、加熱する。

  • 2

    鍋底が焦げないように気をつけながらよくかき混ぜ、粘りがでてきたら火を止める。

  • 3

    氷水をはったボウルにつけ、冷やしながらブドウ糖を加え、よく混ぜ合わせる。桜花の塩漬を入れ、ブレンダーにかける。(硬い部分は除くが、塩抜きはせずに使う)

  • 4

    容器に入れ、冷凍庫で冷やし、途中何度か取り出してスプーン(ステンレス製のレンゲなど持ち手がしっかりしているもの)で良く混ぜる、練る、を繰り返し、ジェラート状にしていく。(よく混ぜる、練るのがポイント)

  • POINT

    よく混ぜる、練る 目安:20分ごとに冷凍庫から取り出し、下の方から空気を含ませるように全体をよくかき混ぜる工程を、固まるまで6回以上繰り返す。冷凍庫により固まり具合が異なるので、様子を見ながらよく混ぜ練る。 ※容器は金属製のものがおすすめ。

  • お好みで塩豆を入れると、豆の食感と塩気が更に増してアクセントになり楽しめます。

GELATO

齋藤 由里 先生

東京神楽坂にてイタリアのドルチェ教室giglio(ジリオ)主宰。本場イタリアのジェラテリアで技や秘訣を学び、それを元に機械を使わない手作りジェラートを考案。神楽坂レッスン他、イタリア食材店や外会場でのワークショップ等、素材の味を楽しめる手作りジェラートやドルチェを案内している。

齋藤 由里 先生のレシピ