レシピID 20160303104122

黄味時雨

初級レベル

30分

印刷する

火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

ほっこりした口当たりと卵の優しい香りが美味しい黄味時雨。 中に色をつけた生地を包めば、割れ目からきれいな色が見えてきます。 緑に着色すれば春らしく、オレンジに染めれば秋の紅葉シーズン向きにと、一年を通して楽しむことができ、また日本茶だけでなく紅茶やコーヒーにも良く合います。

このレシピを20人がお気に入りしています

約10個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※日持ちは1日(常温)。

※調理時間は餡を冷ます時間、蒸し時間は除く。

※着色料は少量の湯で溶いておく。

作り方

  • 下準備 1

    蒸し器の蓋に布巾をかぶせ、水蒸気が下に垂れるのを防ぎます。
    蒸し器を火にかけ蒸気を上げておきます。

  • 下準備 2

    蒸し器に乾いた布巾を敷き、その上にセパレートペーパーを敷きます。

  • 下準備 3

    極上こしあんは14gずつ分けて丸めておきます。

  • 作り方 1

    黄身餡を練ります。黄身餡の作り方は「蝶」の工程(作り方1~6)をご参照ください。

  • 2

    水分を飛ばし、手の甲に当ててもくっつかないくらいの硬さになったら火を止め、乾いた木のまな板(またはバットなどに乾いた布巾を敷く)の上に取り出し冷まします。

  • 3

    黄身餡が完全に冷めたらひとつにまとめ、黄味時雨生地を作ります。

  • 4

    黄身餡をボウルに入れ、卵黄(生)を加え手で切るように混ぜます。

  • Point

    *卵黄の量は餡の固さによって調整します。生地が硬すぎるとひび割れが大きくなり、軟らかすぎると割れなくなってしまいます。

    *練ってしまうと、粘りが出て割れなくなってしまいます。口当たりも悪くなるので切るようにさっくりと混ぜましょう。

  • 5

    上新粉、ベーキングパウダーを加えさっくりと混ぜます。

  • 6

    黄色に着色します。

  • 7

    更にそのうちの約1/3量を黄緑色に着色します。

  • 8

    黄色の生地を14g、黄緑色の生地を7gに分けます。

  • 9

    黄色を手の平で丸く広げ、その上に黄緑色を乗せて黄色の上に広げ、こしあんを包みます。

  • 10

    蒸し器に9を間隔をあけて並べ、強火で約2~4分蒸します。

  • 11

    きれいな割れ目がついたら蒸し上がり。

    *蒸し時間は黄味時雨の割れ状態を目安にしてください。割れ具合を確かめる時は、一旦火を弱め、蒸気でやけどをしないように蓋をほんの少しだけ開けて蒸気を落ち着かせてから、隙間からそっと中を覗くようにします。蓋を一気に開けてしまうと中の蒸気が逃げ過ぎて温度が下がり、再び蒸そうと思っても火が入らず、黄味時雨が割れなくなってしまいます。

  • 12

    蒸し上がりは指の跡が付きやすいので、少し置いて荒熱が取れたら蒸し器からそっと取り出しましょう。

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ