キッシュとは?|基本の作り方&簡単レシピ5選

その他

こんにちは、富澤商店スタッフの太田です。
みなさん「キッシュ」はお好きですか?カフェでなんとなく頼んでしまう、おしゃれな食べ物。
今回は「キッシュ」とは何か、をおさらいしつつ、おすすめレシピをご紹介していきます。

「キッシュ」とは?


キッシュ(Quiche)とは、フランス・アルザス=ロレーヌ地方発祥の郷土料理の一種。タルト(パイ)生地に、具材とともに塩胡椒で味付けした溶き卵・生クリーム(アパレイユ)を流し込んで焼き上げた料理のこと。その中でも最も代表的な「キッシュ・ロレーヌ」はベーコンとチーズだけのシンプルなものですが、家庭料理としても親しまれているのでほうれん草・ハムなど、残りものを具材として使うことも多いのがキッシュの特徴です。

「キッシュ」「タルト」「パイ」の違いとは?

「キッシュ」は「タルト(パイ生地)」に具材とアパレイユを流して焼き上げたものですが、そもそも「タルト」「パイ」との違いは何でしょう?改めてその違いをご紹介します。

「タルト」とは?

「タルト(仏:tarte)」とは洋菓子の一種。主には「パート・シュクレ」と呼ばれる甘い練り込み生地を型に敷き込んで円形に焼き上げ、クリームやフルーツなどを盛り付けたもの。一方「パート・ブリゼ」と呼ばれるサクサクとした甘みの少ない生地で作るタルトもあり、「キッシュ」にもこの「パート・ブリゼ」を用いることがあります。

「パイ」とは?

「パイ(英:pie)」とは小麦粉とバターで作った生地を伸ばして、型に敷き詰めてから焼いたり、具材を包み込んでから焼いたりしたものの総称。パイ生地には、小麦粉とバターが層状に重なっている「折り込み生地(パート・フィユテ)」と、小麦粉とバターを混ぜ合わせて作る「練り込み生地(前述のパート・シュクレやパート・ブリゼ)」があります。リンゴなどのフルーツを使った甘いパイのイメージが主流ですが、肉や野菜を使った甘くないパイも。キッシュには「練り込み生地」だけでなくサクッとした食感の「折り込み生地」を使用することもあり、広い意味ではキッシュもパイの一種と言えます。

生地から手作り!基本のキッシュレシピ2選

それでは、基本のキッシュレシピをご紹介していきます。生地から手作りするのは少し手間がかかりますが、焼きたて生地を使った香ばしさは他に代えがたいもの。ぜひチャレンジしてくださいね。

まずはこれから!基本のキッシュレシピ

慣れてきたら具材はお好みで!ポイントは生地だけの状態でしっかり焼き上げること。レシピ動画もチェックしてみてくださいね。

ベーコン&チーズとブロッコリーのキッシュ(富澤商店)

中級レベル
所要時間:90分

定番キッシュを天然酵母で!おもてなしにもぴったり

冷めても美味しいキッシュは持ち寄りパーティにも喜ばれること間違いなし。具材は焼いた鮭と茹でたほうれん草にしてみたり、炒めたキノコにしてみたりとアレンジ無限大です!

冷めても美味しい 天然酵母のキッシュロレーヌ(海野 綾子 先生)

初級レベル
所要時間:60分

便利アイテムを使って!簡単キッシュレシピ3選

パイタルトや冷凍パイシートを使えば手間いらず!生地から作るのはハードルが高い、という方にはこちらのレシピがおススメ。一気に時短になり、あっという間にできあがります!

パイタルト使用!大人気の簡単絶品キッシュ

パイタルトを使うことで失敗知らず。ベーコンとほうれん草の定番キッシュです。ぜひいろんなアレンジを楽しんでくださいね!

★パイタルトdeミニキッシュ★(Mizuki さん)

初級レベル
所要時間:25分

夏にぴったり!やみつきサクサクパイキッシュ

カレー風味で食欲がなくてもサクッと食べられちゃいます。お子様のおやつにもぴったりです!具材を入れて焼くだけで完成ですよ。

【パイタルトで作る】カレー風味の夏野菜キッシュ(加藤里名 先生)

初級レベル
所要時間:60分

冷凍パイシート使用!簡単おしゃれキッシュ

冷凍パイシートもとっても便利アイテムです。耐熱皿にぴったり敷き込んで具材を入れて焼くだけ!ホーローバットでたっぷり焼き上げると見栄えも抜群。ホームパーティーにもおすすめです。

★冷凍パイシートde超簡単★ベーコンときのこのキッシュ★(Mizuki さん)

初級レベル
所要時間:35分

いかがでしたか?具材がぎっしり詰まったキッシュはお食事にも、食べ盛りのお子様のおやつにも最適です。簡単便利なお手軽素材も使って、ぜひ楽しく作ってみてくださいね!
彩りよくおしゃれなキッシュをお料理レパートリーに加えれば、ご自宅でのおもてなしもワンランクアップできますよ。

コメント