レシピID o-ku-201001a-01

洋菓子 チョコレート菓子

パブエ

初級レベル

40分

印刷する

電子レンジ 冷蔵庫

SWEETSくまがい ゆうこ 先生

パブエとは石畳の意味。お酒をちょっぴりきかせ、薄い正方形に(石畳のように!)仕上げた生チョコ3種です。

ストロベリーにはチェリーのブランデー・キルシュ、プラリネにはオレンジ風味のコアントロー、カフェにはラム酒を入れています。ちょっと大人の生チョコです。

このレシピを50人がお気に入りしています

各10cm角の正方形枠 1個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 型 1

    厚紙をカットし、10cm角の正方形の枠を作る。

  • 2

    オーブンペーパーを14cm角にカットし、切込みを入れて先の枠にぴったりと箱状にしきこむ。

  • 工程 1

    チョコレートを細かくきざんでおく。

  • 2

    (1)と生クリームをレンジにかけ、プクッと沸騰し始めたらレンジから出す。レンジにかけすぎると状態が悪くなったりするので、離れず見ながらチェックする。
    (写真はストロベリー)

  • 3

    出したら1分くらいそのままにしておき、真ん中からゆっくりと泡だて器で混ぜる。全体がなめらかで艶やかになるまで混ぜる。チョコレートが溶けきらなかったら、レンジにもう少しかけ、溶かす。

  • 4 【ストロベリーの場合】-1

    フレーバーをいれる。

  • 4-2

    ストロベリーはキルシュと水で溶いたストロベリーパウダー加える。

  • 4-3

    (3)を加える。

  • 4-4

    混ぜ合わせる。

  • 4 【プラリネの場合】

    フレーバーをいれる。プラリネはプラリネペーストとコアントローを溶いて加える。

  • 4 【カフェの場合】

    フレーバーをいれる。カフェはインスタントコーヒーをラム酒で溶いて加える。

  • 5

    準備した型に平らに流す。プラリネにはアーモンドプラリネなどでトッピングしてもよい。

    (写真はカフェ)

  • 6

    冷凍庫で一晩冷やし固める。(固まってからしっかりとラップなどで密閉すれば、2週間くらい保存も可。)

  • 7

    固まったら型から出してそっと紙からはがし、好みの大きさにカットする(溶けない粉糖を軽くふるとべたつかず、切りやすい)。

  • 8

    それぞれパウダーをまぶす。

  • 9

    できあがり。保存は冷蔵庫で。

  • 10

    箱に入れてプレゼントにも。

SWEETS

くまがい ゆうこ 先生

葉山「サンルイ島」横浜「レジオン」世田谷「ル・パティシェ・タカギ」を経て、神奈川・中央林間でお菓子教室「クレーヴスイーツキッチン」主催。文京区 にて「 アトリエルカド」 も開講。著作に「デコレーションテクニック」「チョコレート菓子のテクニック」など多数。

くまがい ゆうこ 先生のレシピ