きみしぐれ

レシピID o-se-200712b-01

関口 絢子 先生

関口 絢子 先生

甘さを抑えたこしあんにほろっとした生地で包んだ優しい食感のお菓子。卵の風味がほんのりきいた、素朴な外見ながら、人気の高い1品です。表面のひび割れがこのお菓子の特徴でもあります。うまくひび割れするためには白あんの火入れ具合にかかっています。蒸し器の蓋を開ける瞬間は楽しみですよ。

  • 上級レベル
  • 90分
  • 火気

材料

12個分

材料

ゆで卵の黄身(固ゆで)
2個分
卵黄
1個
10g
小さじ1/4

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 1

    白あんの材料を鍋に入れて火にかけ弱火で練り上げる。
    (浮島レシピの白あんと同時に作り、半量をきみしぐれ用に分けて使用。写真は浮島を参照)

  • 2

    2

    白あんに更に火を入れ、しっかりと粉が吹く位の固い白あんに練り上げる。

  • 3

    3

    この段階がしっかりできていないと蒸しあがりのひびが出ないので大切な作業です。

  • 4

    4

    ※写真は通常の白あんと比較したもの。

  • 5

    5

    こしあんの材料を鍋にかけ、一まとめにできる固さに練り上げる。

  • 6

    6

    ゆで卵の黄身、上新粉、ベーキングパウダーをフードプロセッサーにかける。

  • 7

    7

    (6)を(3)の白あんに加える。

  • 8

    8

    卵黄と一緒にしっかり混ぜる。

  • 9

    9

    (8)の生地とこしあんを12等分する。

  • 10

    10

    こしあんは丸めておく。(9)の生地は丸く広げ、その上に丸めておいたこしあんをのせる。

  • 11

    11

    こしあんを覆うように包む。

  • Point

    Point

    底の部分の生地が薄くなるように包むといい。

  • 12

    12

    丸く形を整える。

  • 13

    13

    蒸し器に乾いた布巾を敷き、その上に並べる。

  • 14

    14

    更に蓋の内側にぬれ布巾をかける。

  • 15

    15

    強火で10分蒸す。できあがり。