レシピID o-se-200708b-01

和菓子 冷たい和菓子

くずきり

中級レベル

20分

印刷する

火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

ツルンとした食感とひんやり感がたまらない夏の定番「くずきり」。手作りするイメージがあまりないお菓子ですが、材料は至ってシンプル。できたてのくずきりのおいしさといったら、これはもう作ってみるしかない・・・そんな感動がきっと味わえますよ!

このレシピを20人がお気に入りしています

2人分

材料
50g
125cc
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 1

    葛粉をボールに入れる。

  • 2

    水を加えてよく混ぜる。

  • 3

    茶漉しの目を通して細かい粒を取り除く。

  • 4

    大き目のフライパンに湯をたっぷり沸かしておく。その中に納まる大きさのバットや耐熱容器などを用意し、(3)の生地を4mmの厚さになる位まで流す。

  • 5

    (4)をそっと湯の上に乗せる。かしげないように注意しながら表面が乾くまで待つ。

  • 6

    お玉でフライパンの熱湯を注ぎいいれる。

  • 7

    容器を沈めるような感じで透明感が出るまで茹でる。

  • 8

    やけどに注意しながら湯に沈めた容器を取り出す。

  • 9

    冷水の中に入れる。

  • 10

    よく冷やす。

  • 11

    回りからくずきりをはがすように取り出す。

  • 12

    まな板の上に取り出す。

  • 13

    2つにおってお好みの幅に切る。

  • 14

    氷水の入ったボールに入れてしっかり冷やす。

  • 15

    器に盛り、黒蜜をかける。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ