レシピID o-se-200702b-01

和菓子 だんご・もち・練りきり

椿餅

中級レベル

30分

印刷する

火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

椿の咲く時期に頂きたいお菓子

椿餅の材料に使われている「道明寺(どうみょうじ)」とは、もち米粉の1つです。その名は、菅原道真とその伯母・覚寿尼(かくじゅに)を祀った「道明寺天満宮」に由来します。今から千年以上も昔、覚寿尼公が道明寺にてご飯を乾燥させたものが始まりで、その名前とともに現在まで受け継がれて来たそうです。おはぎのような粒々のある食感と愛らしい色形をお楽しみ下さい。

このレシピを21人がお気に入りしています

8個分

材料
100g
食紅(赤) 少々
70g
250cc
椿の葉 16枚
こしあん
50g
150g
50g
大さじ1

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 1

    こしあんを作る。※うぐいす餅でのこしあん作りをご参照下さい→こちら

  • 2

    鍋に水と食紅を少量加え、火にかける。

  • 3

    湯が沸いたら道明寺粉を加えてまぜる。

  • 4

    そのままホイルをかぶせて蒸らす。

  • 5

    十分に道明寺がふっくらしたら、砂糖を加え弱火にかける。

  • 6

    全体を返すように混ぜ、砂糖を生地になじませる

  • 7

    荒熱が取れたら8等分し、丸めたこしあんを中心におく。

  • 8

    包む。

  • 9

    よく洗った椿の葉ではさむ。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ