ふるふる寒天 トマト

レシピID o-ni-201407b-01

西川 千栄 先生

西川 千栄 先生

独特の食感をもつ寒天ですが、量をぎりぎりに抑えて、ふるふる食感も味わえます。ゼラチンとも違う儚さは、よく冷やして蜜と合わせるとかき氷のような清涼感さえもつのです。 凝固力が要らなくて思い立ったらすぐできるように粉寒天を使います。 そして、砂糖と寒天にとてもよく合うのがこの時期出盛りのトマト。 いちど味わうとやみつきになる!かも、しれません。 夏の水分補給にもぜひどうぞ。

  • 初級レベル
  • 90分
  • 火気

材料

約4人分

寒天

小さじ1/2(1gほど)
500cc

材料

トマト(プチトマト、フルーツトマトなど)
適量

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 1

    1

    鍋に水を入れ、粉寒天をふり入れる。

  • 2

    2

    よく混ぜ合わせる。

  • 3

    3

    火をつけ、沸騰したらそのまま1分ほど煮立たせて、寒天を完全に溶かす。

  • 4

    4

    容器に流し、固める。

  • 4
  • 5

    5

    粗熱がとれたら、いただくまで冷蔵庫で冷やしておく方がおいしい。

  • 6

    6

    砂糖と水を鍋で煮立てて冷やし、シロップを作る。

  • 7

    7

    トマトはを湯むきして切り、寒天に盛り、シロップをかける。

  • ワンポイント!

    ワンポイント!

    豆かんの材料や、杏の蜜煮とシロップ、梅シロップ、桃の缶詰などといただいてもおいしい。