おいしく作れる鳴門金時のモンブラン

レシピID 20200826000634

酒匂 ひろ子 先生

酒匂 ひろ子 先生

おうちオヤツやおもてなしに作りやすいモンブランレシピです。
甘さ控えめの鳴門金時芋あんと生クリームをあわせた和洋融合な万能クリームは絶品!
土台の生地はフードプロセッサーで簡単に!

  • 初級レベル
  • 60分
  • 冷蔵庫

作り方

  • 作り方1

    作り方1

    フードプロセッサーのボウルにオートミール、アーモンドロースト、
    ビート糖、つきごま白、塩を入れてまわす。
    バターをレンジで溶かし、ボウルに加えて再度まわす。

  • 1

    1

    バットなどにラップをかけ、1つのセルクルに約20gずつ土台の生地を詰める。6個作る。スプーンでしっかりと押して固める。冷蔵庫で約15分冷やす。

  • 1
  • 2

    2

    生クリームを固めに立てる。そのうちの50gを鳴門金時芋あんに加えて均一になめらかになるまで混ぜる。

  • 4

    4

    絞り袋に残りの生クリームを入れて、先をカットして、冷えた土台に絞る。真ん中にマロングラッセを乗せ、さらにその上に生クリームを絞る。

  • 4
  • 5

    5

    10分くらい冷蔵庫で冷やしたら、鳴門金時芋あんをヘラなどを使って、
    頭を気持ちとがらせるように側面に塗る。カカオニブとつきごま白をトッピングして完成。