レシピID 20180906102927

和菓子 だんご・もち・練りきり

粟餅

初級レベル

120分

印刷する

冷蔵庫 火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

江戸時代には庶民の間でも人気のあったと言われる粟餅。蒸す時間や寝かせる時間はかかりますが、作り方はとても簡単。プチプチもっちりした食感をぜひ楽しんでください。

このレシピを0人がお気に入りしています

約10個分

生地
もち粟 100g
熱湯 60g
50g
少量
180g
艶出し用 錦玉羹
1g
75g
75g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 下準備1

    もち粟は2日前から水に浸けておきます(水は毎日取り換えます) 小豆こし餡を10等分に丸めておきます。

  • 生地1

    もち粟をザルに上げて水をしっかりと切り、ボウルにあけて黄色に着色します。

  • 2

    蒸し器に濡れ布巾を敷き、もち粟を入れて強火で約20分蒸します。

  • 3

    ボウルにあけて熱湯を加え、ラップをぴったりとかぶせて10分蒸らします。

  • 4

    再度蒸し器に入れて強火で20分蒸します。

  • 5

    蒸し上がったらボウルにあけ、上白糖を加えよく混ぜます。

  • 6

    再びラップをぴったりとかぶせて30分蒸らし、熱が抜けたら冷蔵庫で一晩休ませます。

  • 7

    再度蒸し器に入れて強火で15分蒸します。

  • 錦玉羹1

    7を蒸している間に錦玉羹を作ります。鍋に寒天と水を入れ混ぜ、火にかけ寒天を溶かします。

  • 2

    沸騰して寒天が完全に溶けたらグラニュー糖を加え、煮詰めて火を止めます。

  • 仕上げ

    7が蒸し上がったら、手に10の錦玉羹をつけながら27gずつに切り分けます。熱いうちに小豆こし餡を包み、俵型に整えます。

※所要時間は寝かせる時間を除く

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ