レシピID 20170309161005

料理 その他料理

カナッペ寿司3種

中級レベル

70分

印刷する

火気

かめ代 さん

具なしの巻き寿司の上にお好みの具をのせるカナッペ寿司。 とても手軽で可愛らしいのでおもてなしにとても重宝。 寿司飯にキヌアを入れると、プチプチとした食感と可愛らしい色合いを楽しめます。 今回は、簡単な3種。 青大豆の打ち豆とスモークサーモン寿司、ほたてとばってら昆布寿司、しらすと梅しそ寿司をご紹介します。

このレシピを1人がお気に入りしています

下の巻き寿司の材料(カナッペ寿司3種×10個分)
2合
大さじ2
大さじ4
打ち豆とスモークサーモン寿司
20g
小さじ1/4
スライス10枚
50g
ガーリックパウダー 少々
小さじ1
少々
少々
レモン 1個
ほたてとばってら昆布寿司
ほたて貝柱(刺身用) 5個
いくらのしょうゆ漬け 適量
ばってら昆布 2枚
大さじ1
小さじ1
練りわさび 適量
しらすと梅しそ寿司
1枚
釜揚げしらす 30g
大葉 2~3枚
梅肉 適量
適量
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 下ごしらえ(寿司飯)

    米2合は洗ってザルにあげておく。炊飯器に入れて2合分の水を入れ、キヌアを大さじ2入れてふつうに炊飯して寿司酢(大さじ4)を入れて混ぜ、3等分しておく。

  • 下ごしらえ(打ち豆)

    打ち豆は、かぶる程度の水と塩(小さじ1/4)を入れて中火にかけ、5分程度煮る。やわらかくなったら水分を煮飛ばす。 ※貴重は青大豆の打ち豆は、甘くとても美味。煮汁は煮つめて豆にうまみをとじこめます。

  • 下ごしらえ(ばってら昆布)

    ばってら昆布は、5cm角程度にキッチンハサミ等でカットして小鍋に入れ、すし酢(大さじ1)と、しょうゆ(小さじ1)を入れて軽く煮てそのまま浸しておく。

  • 巻き寿司を作る1

    寿司飯は、巻きすの上に海苔を敷いて、3等分した寿司飯を置いて巻く(直径4cm程度長さ20cm程度)。

  • 巻き寿司を作る2

    残り2本は海苔でまかずにラップを敷いて巻く(直径4cm長さ20cm程度)。

  • 巻き寿司を作る3

    巻き寿司は2cm幅に包丁で切る(10個)。ラップで巻いたものは、巻いたまま切ってからラップをはずすと綺麗に切れる。海苔巻きは、1回切るごとにぬれ布巾等で包丁を拭きながら切るとよい。

  • 打ち豆とスモークサーモン寿司を作る1

    カッテージチーズとガーリックパウダー、オリーブ油を混ぜて、スモークサーモンにのせてくるむ。

  • 打ち豆とスモークサーモン寿司を作る2

    カットした巻き寿司の上にのせ、煮ておいたうちまめを中に入れ、ケイパーとレモン(輪切りにしてから小さくカットしたもの)を飾り、ブラックペパーをちらす。 ※寿司の下にもレモンスライスを敷いて香りをうつすと美味しい。

  • ほたてとばってら昆布寿司を作る1

    カットした巻き寿司に、わさびを少量ずつ塗る。寿司酢としょうゆに浸しておいたばってら昆布を半分に折って上にのせる。

  • ほたてとばってら昆布寿司を作る2

    ほたて貝柱を半分にスライスして上にのせ、いくらを飾る。

  • しらすと梅しそ寿司を作る1

    カットした海苔巻き寿司に、大葉を手でちぎってのせ、しらすをのせていく。

  • しらすと梅しそ寿司を作る2

    少量ずつしょうゆをたらし、上に梅肉をのせ、いりごまをちらす。

  • 注意点

    カットした巻き寿司は下にくっつきやすいので、調理途中や器等にごく薄く香りのない油を塗っておくと◎。

かめ代 さん

作りやすく丁寧なレシピ作りに定評があり、
雑誌の連載や企業のサイトへのレシピ提供等で活動中。
しみじみ美味しい和のおかず作り、日本の行事食の伝承を大切にしている。

かめ代 さんのレシピ