電子レンジで簡単♪フルーツ大福「文旦大福」

レシピID 20211217232536

電子レンジで簡単に作る求肥生地をご紹介します。冬のフルーツとして定番になってきた文旦を使ったフルーツ大福です。文旦の優しい酸味と餡が良くマッチします!お餅生地は慣れないと包むのが意外と難しいのですが、今回はめん棒でのして切って包むので初心者の方でも簡単に作れます♪ただ、やはり求肥生地はお鍋で練ったほうがコシがしっかり出て美味しいことも事実。お鍋でしっかり練りたい方は、過去のレシピ「栗大福(基本の大福)」を参照して作ってみてください。
日持ち:当日中

  • 初級レベル
  • 30分
  • 電子レンジ

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

2個分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 下準備1

    下準備1

    まな板などに片栗粉をたっぷり広げておきます。

  • 2

    2

    文旦の薄皮を剥き、白こしあんを15gずつにしておきます。

  • 1

    1

    耐熱ボウルに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えてダマにならないように溶きます。

  • 2

    2

    上白糖を加えてまぜます。

  • 3

    3

    電子レンジ(600W)で1~2分加熱します。(ラップはしなくてOK)

  • 4

    4

    一度とり出してゴムベラなどで混ぜ、再び30秒~1分加熱します。

  • 5

    5

    しっかりとした艶のある餅状になればOK!
    (電子レンジのメーカーなどによって加熱時間は多少変わるので注意してください。)

  • 6

    6

    片栗粉を広げたまな板の上に求肥生地を取り出し、半分に切ります。

  • 7

    7

    かたくり粉をまぶして、ひとつずつめん棒でのばします。

  • 8

    8

    9×9cmになるように包丁でカットします。

  • 9

    9

    余計な粉を刷毛で払います。

  • 10

    10

    求肥生地をひし形に置き、真ん中より手前に文旦と白こしあんをのせます。

  • 11

    11

    求肥をたたんで文旦と白こしあんを挟み、長く出た角を左右から引き寄せ、上部で結び、完成。