レシピID 20171215101836

パン その他パン

2018年犬年に向けて パン・シュープリーズ

中級レベル

30分

印刷する

BREAD海野 綾子 先生

フランス語で「シュープリーズ」とは「サプライズ=驚き」のこと。 パンの中身をくり抜いてサンドイッチにしたもので、パンのフタを開けると「サプライズ!」となるわけですが、今回は前回のシュープリーズ用のパンをどのように加工するのかをご紹介します。 サンドイッチの具はお好きなものを。新年会の持ち寄りパーティーに持って行ってはいかがでしょう。

このレシピを3人がお気に入りしています

直径18㎝丸型 1個分

サンドイッチ用具材(お好みのものを)
卵サラダ 適宜
ポテトサラダ 適宜
サラダ菜 適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備

    シュープリーズ用のパンを用意する。焼き立てではなく、半日以上おいたものを使用する。

  • 1

    トップの部分を約1.5㎝の厚み以内でカットする。

  • 2

    底になる部分から0.5~1㎝以内の高さに10㎝くらいの切り込みを入れる。

  • 3

    その切り込みにナイフを差し込み、側面にナイフが出ないようにしながら、底部分にナイフを入れていく。

  • 4

    側面から0.5~1㎝以内の幅になるよう、ナイフを入れていく。

  • 5

    パンケース部分が完成。3,4で綺麗に切り込みが入っていれば、逆さまにするだけで中身が取り出せる。

  • 6

    中身の部分を、厚みが均一になるように3~4枚にカットする。

  • 7

    卵サラダ、ポテトサラダを均一の厚みで塗り重ねる。 ※お好きな具材をお使いください。

  • 8

    3枚を重ねて、6~8等分にカットする。 崩れてしまいそうなときはラップで包み、冷蔵庫で30分ほどおくと切りやすくなる。

  • 9

    サラダ菜でカットした断面を覆い、パンの中に戻す。トマトなどを飾っても。 ※サラダ菜は色味もためでもありますが、サンドイッチを取り出しやすくするために有効です。

  • 10

    ふたをして食卓に並べてみましょう♪ 「サプラーイズ!!」

BREAD

海野 綾子 先生

横浜「ミモザクッキング」主宰、1998年の開校当初よりパン講師を勤める。国産小麦のしっかりとした粉の旨味、酵母が醸し出す優しい味わい、シンプルこそ感じることができる素材の美味しさに感動し、以降自然酵母や世界のパンを独学で研究。ル・コルドン・ブルー卒業。

海野 綾子 先生のレシピ