レシピID 20160719150003

向日葵(練切製)

中級レベル

45分

印刷する

電子レンジ

WA・SWEETSユイミコ 先生

色鮮やかでインパクトの強い向日葵は、和菓子のモチーフにするには他の花々より特徴が強く、新しい印象があります。
花弁が多いので、道具を使って細かく細工を施していきますが、バランスをうまく取って可愛く仕上げましょう。

このレシピを9人がお気に入りしています

6個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※【日持ち】1日(常温)
成形前の練切餡は、ラップにぴったり包んで冷蔵庫4~5日、冷凍庫で2週間ほど日持ちします。

※調理時間に餡を冷ます時間は除く。

作り方

  • 作り方1

    練切餡の作り方は「姫椿」の工程(作り方1~10)までをご参照ください。

  • 2

    練切餡を着色します。
    練切餡を2等分し、片方を薄い黄色、もう片方を濃い目の黄色に着色します。

  • POINT

    ☆着色のポイント
    少量の練切餡を取って濃い目に染め、よく混ぜたら、残りの練切餡に加えて混ぜ合わせます。こうすると、色むらなくきれいに素早く染まります。

  • 3

    薄い黄色、濃い黄色それぞれを6等分に分けて丸めます。

  • 4

    「姫椿」の11を参照し、中に包むこしあんを用意します。
    こしあんの一部は飾り用に取り分けておきます。
    (向日葵1個分のパーツは写真のようになります)

  • 5

    薄い黄色の練切餡を手のひらで広げ、濃い黄色の練切餡を乗せます。
    片手で濃い黄色を軽く押さえ、もう片方の手で薄い黄色をのばすようにして包みます。

  • 6

    薄い黄色を寄せるようにして包み、閉じ口はしっかり閉じます。

  • 7

    閉じ口が内側に来るようにして手のひらで広げ、こしあんを包みます。
    ※内側から濃い黄色がうっすら透けて見えます。この方法を「包みぼかし」といいます。

  • 8

    閉じ口を下に向けて丸め、三角ベラを使い、中心に向かって12本の線をつけます。

  • 9

    線と線の間を丸棒で押します。

  • 10

    卵型(先の丸いものであれば何でも代用可)を使って中心にくぼみをつけます。

  • 11

    ふちをつまんで花びらの形を作ります。

  • 12

    取り分けておいたこしあんをくぼみに乗せ、三角ベラで線をつけます。

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ