レシピID o-se-200708a-01

和菓子 冷たい和菓子

あんずの錦玉

中級レベル

30分

印刷する

冷蔵庫 火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

クリアなガラスの中にオレンジ色のあんずを閉じ込めたような、夏にふさわしい清涼感のあるお菓子です。中の具材は季節の果物を、錦玉のベースには色を付けたり黒糖に変えてみたりと、色々なアレンジでバリエーションが楽しめるのも魅力です。

このレシピを15人がお気に入りしています

6個分

錦玉
3g
180cc
150g
レモン 1個
あんずの甘煮
10個
10g
100cc

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 1

    錦玉のベースを作る。鍋に粉寒天と水を入れて火にかけ、沸騰して2分程度過熱する。

  • 2

    寒天が十分煮溶けたらグラニュー糖を加える。

  • 3

    レモンを絞る。

  • 4

    種を茶漉しでこしながら果汁を加える。そのまま荒熱が取れるまで放置する。

  • 5

    あんずの甘煮を作る。干しあんずは4つ割に切る。

  • 6

    鍋にいれてグラニュー糖と水を加える。

  • 7

    中火で煮る。

  • 8

    水分が無くなりあんずに照りがでたら火からおろす。

  • 9

    (3)の鍋底を氷水につける。

  • 10

    とろみが付くまで冷やす。

  • 11

    プリンカップなどに15cm四方のキッチンペーパーを詰めながら(8)を入れ、あんずの甘煮を中心に加え、あんずが隠れるようにさらに(8)をのせる。

  • 12

    キッチンペーパーを巾着状にしぼって口を閉じる。

  • 13

    冷蔵庫で冷やし固める。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ