基本のアイシングクリーム[ハロウィンバージョン]

レシピID 20220912062631

アイシングクッキー作りに欠かせない、基本のアイシングクリーム作り。
クリーム作り、カラーリングがスムーズに出来ると次の段階へ楽に進めます。

  • 初級レベル
  • 40分

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

作りやすい分量

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 1 アイシングクリーム

    1 アイシングクリーム

    ボウルに粉砂糖、卵白、水を入れる。

  • 2

    2

    ハンドミキサーで約5分混ぜる。

  • 3

    3

    真っ白なもったりしたクリームになればOK。

  • 4

    4

    すぐに蓋つきの容器に移し、乾燥から防ぐ。

  • 5 カラーリング

    5 カラーリング

    アイシングクリームを小さ目の容器に適量を取り、竹炭パウダーを小さなスプーンで加える。

  • 6

    6

    粉っぽさがなくなるまでしっかりと馴染ませ混ぜる。
    もし色がまだ薄いようならば更に竹炭パウダーを加えて混ぜる。
    ※少なめのアイシングクリームにパウダーを混ぜると、真っ黒な色が作りやすい。

  • 7 アウトライン用

    7 アウトライン用

    全体をスプーンで混ぜ、ゆっくり持ち上げてツノがピンと立つようであれば、カップに入れた水にスプーンごと付ける。、一振りしてから

  • 8

    8

    7のスプーンを一振りして水分を適量にし、ボウルに入れて混ぜ、少しゆるやかなクリームにする。

  • 9

    9

    スプーン一杯のクリームをとり、コルネに詰める。

  • 10

    10

    両脇をたたみ、上からくるくる折り曲げる。

  • 11

    11

    最後にテープでしっかり留める。

  • 12 流し込み用

    8のアウトライン用に作ったクリームに4のアイシングクリームを足す。
    色が薄ければ竹炭パウダーを加えて濃さを調整する。
    カップに入った水にスプーンごと付け、一振りしてからボウルに入れて混ぜ、ゆるやかにラインが消える固さになるまで水分量を調整する。
    コルネに詰める。

  • 13

    13

    バイオレットはジェル状なので、楊枝や竹串でジェルを少量取り、アイシングクリームに加える。 好みの色合いになるまで量を調整する。

  • 14

    14

    好みの色合いになるまでアイシングカラーの量を調整する。
    出来上がったら、コルネに詰める。

  • 15

    15

    オレンジもジェル状なので、楊枝や竹串でジェルを取り、アイシングクリームに加える。

  • 16

    16

    好みの色合いになるまでアイシングカラーの量を調整する。
    出来上がったら、コルネに詰める。

  • 17

    17

    それぞれ、固さを調整して、アウトライン用、流し込み用が完成。