厚焼きポテトフォカッチャ

レシピID 20211116154505

マッシュポテトを生地に練り込んだ、もちもちふわふわの食感がクセになるフォカッチャ。お子様にも人気のチーズとベーコン、ゆで卵をトッピングし、厚めに焼き上げボリューム満点!パーティーシーズン、お土産、お持ちより、ランチやお酒のお供にもおすすめです。白い琺瑯バットを使うと、テーブルにそのまま出しても素敵ですよ。20cmスクエア型でも代用可能(焼成時間は同じですが様子を見ながら必要であれば調整してください)

  • 初級レベル
  • 60分
  • オーブン

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

25.2×18.8×4.8cm 1台分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 下準備 1

    ⚫︎およそ30度から35度ほどのぬるめのお湯を準備しておく。触ってぬるいと感じるくらいの温度が目安。(捏ねる用)

  • 2

    ⚫︎材料を全て計量し、常温に戻しておく。

  • 3

    3

    ⚫︎ゆで卵を作り、皮をむいて刻んでおく。ベーコンは小さく切っておく。

  • 4

    4

    ⚫︎型より少し大きめにオーブンシートを合わせて切る。この時使ったオーブンシートは幅30cmのもの、型の側面の高さの分も合わせて切る。

  • 5

    5

    ⚫︎手のひらで押さえながら、角にもきっちり沿わせてオーブンシートを敷く。

  • 6

    6

    ⚫︎マッシュポテトフレークに熱めのお湯を注ぎ、混ぜてマッシュポテトを作り、そのまま粗熱を取っておく。

  • 1 捏ね〜一次発酵

    1 捏ね〜一次発酵

    ボウルに強力粉と塩を入れてあらかじめ混ぜた所に、砂糖とドライイーストを入れ、ドライイースト目掛けて仕込み水を流し入れる。

    ※ゆめちからとは別の粉を使う場合は、水を10から15cc減らして下さい。この時にすでに生地が緩いと、マッシュポテトを加えた時に水分量が多くなりすぎ、生地がダレてしまって捏ねられないので注意して下さい。

  • 2

    2

    ゴムベラで混ぜてまとめる。

  • 3

    3

    ある程度粉が馴染み、粉っぽさが無くなったら台に出して捏ね始める。

  • 4

    4

    生地がつながりなめらかになってきたら、あらかじめ作っておいたマッシュポテトを加え、生地に混ぜ捏ねていく。

  • 5

    5

    初めは混ざりにくいが次第に馴染んでくる。まとまってなめらかになってきたら、オリーブオイルを加えて更に捏ねる。

  • 6

    6

    油脂を加えると生地に張りが出てくるので、さらに捏ねる。

  • 7

    7

    オリーブオイルが混ざって生地が柔らかく、弾力が出て両手で広げてみて薄く膜がはるようなら捏ね上がり。

  • 8

    8

    オリーブオイル(分量外)を薄く塗ったボウルに閉じ目を下にして置き、固く絞った濡れ布巾を被せて一次発酵。
    35度で40分から50分ほど、約2倍の大きさになるまで発酵させる。
    ※季節で気温や室温が異なるので、発酵時間や温度、発酵具合に気をつける。

  • 9 フィンガーテスト、パンチ

    9 フィンガーテスト、パンチ

    パン生地の発酵をチェックする。ふっくら2倍ほどの大きさに膨らんだら、粉をつけた指で中心部分をさしてみて、生地が戻ってこなければ発酵完了。
    戻ってくるようなら、10分ほど追加する。

  • 10

    10

    軽く握った手で、生地のガスを抜く。

  • 11 分割、成形、二次発酵

    11 分割、成形、二次発酵

    生地を丸め直したら、固く絞った布巾をかけ、10分ベンチタイムを取って生地を休ませる。

  • 12

    12

    ベンチタイムが終わって生地が緩んだら、型より一回り大きい大きさの長方形に、めん棒を使ってのばす。

  • 13

    13

    型に生地を移動させる。この時ドレッジを使って剥がしながら生地を持ち上げるとやりやすい。

  • 14

    14

    型に移したら、四隅にも生地が届く様に指先と手のひらを使って抑えながらならし、型の形に合わせる。

  • 15

    15

    生地が型の隅まで行き渡ったら、固く絞った布巾を被せて30度で30分から40分。
    型の縁ギリギリまでしっかり二次発酵して膨らませる。
    ※発酵温度を上げすぎると、急激に生地温度が上がってしまうので気をつけ、発酵が足りない様なら少し追加する。逆に長い様なら途中で切り上げる。

  • 16

    16

    二次発酵完了時の様子。型の少し下程度、型いっぱいまでふっくら発酵している。オーブンを200度に予熱開始。

  • 17

    17

    通常フォカッチャは指で穴を開けて焼きますが、今回は生地内のガスが逃げない様にしたいので、穴は開けずにそのまま表面にオリーブオイルを塗っていきます。

  • 18

    18

    全体にオリーブオイルが塗れた状態。たっぷり塗るのがポイントです。チーズがカリッと焼けて美味しくなりますよ!

  • 19

    19

    TOMIZペペロンチーノを表面に散らします。少しピリッとするので、辛いのが苦手な方やお子様の場合、ペペロンチーノを省いて下さっても大丈夫。

  • 20

    20

    その上にあらかじめカットしておいたベーコンとゆで卵、溶けるチーズを、満遍なく散らす。

  • 21

    21

    200度のオーブンで15分焼いたら、型の熱で火が入りすぎない様、紙を持って網の上に出して冷ます。

  • 22

    22

    粗熱が取れたら、ピンクペッパーやお好みのハーブ、パセリなどを飾って、切り分けてお召し上がりください!

  • アレンジ

    チーズや具材を載せない、厚焼きフォカッチャとしても焼けます。その場合は、工程17番で、軽く凹む程度に指で穴を作り、トップにオリーブオイルをたっぷり塗ったら粗塩とローズマリーなどを散らして200度で15分焼いていただいても。

※所要時間=発酵時間や冷やし固める時間など、環境や設備などによって差が大きく出る