ミルクとたまごのお月見もち

レシピID 20200908134653

西川 千栄 先生

西川 千栄 先生

お月見をイメージして、まんまるたまご色のお餅をつくりました。
練乳を練り込んだお餅生地で、りんご入りの黄身餡を包みました。
厚さの薄いお餅生地が、餡といっしょにとろけます♪

  • 初級レベル
  • 60分
  • 火気

材料

8個分

作り方

  • 中餡1

    中餡1

    固ゆで卵の黄身を熱いうちにに取り出し、裏ごしする

  • 2

    2

    裏ごした黄身に、白あんを少量をむらなく混ぜる

  • 3

    3

    白あん全体とむらなく混ぜ合わせる

  • 4

    4

    水を加えまぜたら火にかけ、混ぜながら全体を加熱する

  • 5

    5

    全体に火が通り、手につかないくらいになったら、鍋肌にはりつけて少し置いてから、バットにとる

  • 6

    6

    粗熱がとれたら、200gとりわけ、25gずつにわける

  • 7

    7

    リンゴプレザーブを適度な大きさ(一切れを2等分くらい)にカットし、ペーパーにとり水気をとる

  • 8

    8

    黄身餡でリンゴを包み丸めておく

  • 作り方1

    作り方1

    バットに片栗粉を敷く

  • 2

    2

    色粉を分量内の少量の水で溶いてから、分量の水を着色する
    仕上がりをやさしい黄色に仕上げるにはほんのり黄色になるくらい

  • 3

    3

    白玉粉に着色した水をまず半量ほど入れ混ぜ、さらに少しずつ水を加えて粒を潰すようになめらかに混ぜる

  • 4

    4

    練乳を加え混ぜる

  • 5

    5

    500wのレンジにまず1分かけ、全体をざっと混ぜたらさらに1分かけ、混ぜ、レンジの中で生地がぷくっと膨れ、全体に火が通るまで2分半ほどレンジにかける

  • 6

    6

    火が通りつやが出たらひとまとめにして片栗粉のバットに落とす

  • 7

    7

    折りたたむか、上から粉をかけるかして全体に粉をまぶす

  • 8

    8

    8等分にする
    まず2等分し、それをさらに2等分、さらに2等分と分けると均等にしやすい
    ちぎり取った部分ではないつるっとした面(包むときに外側になる面)を下にして置くと包みやすい

  • 9

    9

    手粉をしっかりつけながら餡を包む

  • 10

    10

    閉じ口を下にして置いていく

  • 11

    11

    片栗粉を刷毛ではらい形をまるくととのえる

  • 12

    12

    フライパンを温めて上部に焼き色をつける

  • 13

    13

    できあがり

カテゴリ