レシピID 20180405110207

和菓子 だんご・もち・練りきり

笹団子

初級レベル

90分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

お土産や物産展などで有名な笹団子を作ってみましょう♪ 笹ごと蒸すので香りよく、保存効果もありますよ。 餡も、餡を包んだ生地も、はみ出さないようにして仕上げましょう。

このレシピを13人がお気に入りしています

10個

笹団子
100g
55g
大さじ2
お湯 よもぎの汁と合わせて110g
9g
300g
30枚
10本
適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    井草は、お湯で湯がいたら火を止め、そのまま浸しておく

  • 準備2

    笹は洗って水けを取っておく(乾燥の笹の場合は茹でてから使用)

  • 準備3

    蒸し器の準備をしておく

  • 準備4

    餡を25~30gずつ丸めておく

  • 生地1

    乾燥よもぎにひたひたの湯を加えもどし、水気を絞る

  • 生地2

    よもぎのもどし汁にお湯を合わせて110gにする

  • 生地3

    "もち粉と上新粉、砂糖を混ぜ、絞ったよもぎを加え混ぜたら、生地2の水分を少しずつ加えて混ぜ合わせる (最後調整用にすこし水分をのこす)"

  • 生地4

    "だいたいまとまったら手で2~3分よくこねる 手につかずまとまるくらいのかたさに"

  • 生地5

    ひとまとまりにして30分ほど寝かせる

  • 生地6

    生地を30gずつまるめる

  • 生地7

    餡を包む(生地があまりのびないので、最初から広げておくと包みやすい)

  • 生地8

    餡が出ないように生地をちゃんと閉じ、少し楕円に形づくる

  • 包む1

    "笹のつるつるの面に油を塗り、2枚重ねて生地を置く (つやのある面に油を塗ることで団子がとれやすくなる)"

  • 包む2

    2枚の笹で包み、

  • 包む3

    もう1枚の葉を重ねる

  • 包む4

    だんごを包むように笹をねじる

  • 包む5

    ひもの端を15cm以上のこして持ち、片方をくるくると巻く

  • 包む6

    クロスするようにもう片方に持っていき、くるくる巻く

  • 包む7

    真ん中にもっていき、かけ合わせながらひと巻きして結ぶ

  • 包む8

    同様に全部巻く(井草は1/2本で結べる)

  • 蒸す

    強火で20分蒸す

  • 完成

    出来上がり

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ