紫さつま芋フレーク / 150g

商品No.00372702

  • 紫さつま芋フレーク / 150g
  • 紫さつま芋フレーク / 150g
  • 紫さつま芋フレーク / 150g


あと16時間37分以内のご注文で6月22日 土曜日に出荷します。
※諸事情により遅れることがございます。

数量

880 円 (税抜)

950円 (税込)

数量

880 円 (税抜)

950円 (税込)

関連商品をタグで探す

この商品の別の規格

商品概要

紫さつまいもの乾燥フレークです。茶巾やあんに。

水を加えるだけで、簡単に裏ごし状のペーストができる紫芋フレーク。
九州産の紫さつまいも「彩紫(アヤムラサキ)」を使用しています。

紫さつま芋フレーク/ボール

紫さつま芋フレークとは?

紫さつま芋フレークとは、原料に100%紫さつま芋(紫芋)のみを使用しフレーク状に仕上げた加工品。
九州(宮崎・鹿児島)の肥沃な大地で育った紫さつま芋を原料に作られています。
皮をむき、カットした紫芋を蒸し上げ、乾燥・粉砕したフレークなので、下処理は一切不要。50gのフレークに対して、 120mlの水を加えるだけで簡単においしい紫芋ペーストができあがります。

紫さつま芋フレークとは

紫さつま芋フレークの基本の使い方

水を加えるだけで、裏ごしした紫さつま芋(紫芋)と同じように使用できる「紫さつま芋フレーク」。
基本の使い方は、50gのフレークに対して、120mlの水を加えて混ぜ合わせるだけ。お使いになるレシピに合わせて、水分を調整してください。紫さつま芋(紫芋)ならではの鮮やかな色や味わいはもちろんのこと、しっとりなめらかな食感も楽しめます。

液体状の生地と合わせやすいので、プリン、チーズケーキ、キッシュやクリーム類に特におすすめ。パンやドーナツなどの生地に加えると、しっとりと焼き上がります。生地に対して約10%のフレークを目安に、水分で固さを調整しながら加えてみてくださいね。

紫さつま芋フレークの基本の使い方

紫いも粉と比較!
軽い食感に仕上げたい場合は「パウダー」がおすすめ

紫さつま芋フレークは裏ごししたような「ペースト状の紫さつま芋」を下ごしらえなしで手軽に作れるのが最大の魅力。
お菓子やパン作りに使用すると、しっとりした食感に仕上がります。

逆に軽い食感に仕上げたいものには「パウダー」を使用するのがおすすめです。パウダーを使用すれば、スポンジ生地はふんわりと、クッキー生地はサクサクとした食感を損なうことなく紫さつま芋の色合いを表現できます。

▼こちらも人気!売れ筋商品
紫いも粉 / 100g
国産 むらさき芋ファインパウダー / 60g

紫さつま芋フレーククッキー

紫さつま芋フレークが余ったら…

お菓子やパン作りにはもちろんのこと、毎日のお料理をサポートしてくれるお手軽素材としても便利に使えます。
ペースト状にしてポテトサラダと合わせたり、コロッケのたねに混ぜ合わせても紫芋ならではの彩りをお楽しみいただけます。
開封後のフレークは匂い移りや湿気を防ぐため、チャック付き保存袋などでしっかりと密封してから冷暗所で保存しましょう。開封後はなるべく早めにお使いいただくのがおすすめです。


かぼちゃフレーク活用のアイデアいっぱい!ハロウィンレシピ特集はこちら

簡単・かわいい!ハロウィンレシピ集&カタログ

名称

紫さつま芋フレーク

原材料名

紫さつまいも(宮崎県産、鹿児島県産)

保存方法(未開封)

直射日光・高温多湿を避け冷暗所に保存

賞味期限(未開封時)
※製造日を起点とした期限です。

製造日から365日

アレルギー

なし(特定原材料7品目)

コンタミネーション

* 本品加工所では、小麦・乳成分・卵・そば・落花生・えび・かにを含む食品も扱っています。(特定原材料7品目中)

栄養成分表示

(100g当たり) エネルギー 371kcal たんぱく質 4.7g 脂質 0.8g 炭水化物 87.1g 食塩相当量 0.06g *この表示値は、目安です。

ご利用方法

<使用方法>
フレーク50gに水120ccを混ぜ合わせると裏ごし状になります。
* 上記は目安の配合です。お好みで調整してご利用下さい。

JANコード

4932503416933

みんなのクチコミ

評価:

  • 綺麗な色

    普通にHBで焼く時に最後に20~30グラムいれて焼きあげました綺麗な色で本当に見た目だけでも素晴らしく味も食パンの風味を邪魔することなく今はまってますなんにでも投入してます(笑)

    2016年03月11日2015年11月以前のクチコミさん

  • 富澤商店のレシピで

    HBを使ってむらさき芋パンを焼きました!
    とっても美味しく出来て、おすそ分けしたお友達も喜んでくれました☆
    色がとてもキレイです。

    2015年12月23日うーまさん

  • 紫色が綺麗!

    秋からは強力粉と混ぜてパンに入れています。紫色のインパクトのあるパンになります。夏はよく寒天で固めて紫水ようかん作りました。どちらも家族に喜んでもらっています。

    2015年12月18日ぴよぴよひよこさん

  • 餃子の皮でパイを作りました

    ぎょうざの皮を使ってパイを作ってみました。作り方は、1:紫さつまいもフレークを水でもどしてタネを作ります。2:それをぎょうざの皮で包んで油で揚げるだけ。子供達のおやつで出したら、なんで紫?おもしろ~い、となぜか喜んでいました。(笑)

    2015年12月17日くまもん大好きさん

こちらの商品もおすすめです