モンタナーラ

レシピID 20161220141702

牧島 昭成 シェフ

牧島 昭成 シェフ

ナポリではマンマ(お母さん)のレシピとして広く親しまれている「揚げピッツァ」。 高温の石釜で焼いたようなカリッという食感をご家庭で実現するために、TOMIZグリルピザプレートを使っています。 世界一のナポリピッツァ職人、牧島昭成シェフのレシピです。

  • 中級レベル
  • 20分
  • 火気

材料

作り方

  • 下準備

    グリルピザプレートはうすく油をひいてなじませ、よく温めておく。 魚焼きグリルもあらかじめ温めておく。 揚げ油は190℃に熱しておく。油取りのために、キッチンペーパーを広げておく。

  • 作り方1

    生地を作る。こね方・発酵はこちらをご参照ください。

  • 2

    2

    発酵が終わった生地に打ち粉をし、両手の手のひら全体を使って生地をおさえつけ、奥、手前、左右を軽くたたくようにして平らにのばしていく。

  • 3

    3

    フチ以外の部分を、フォークでまんべんなく穴をあける。

  • 4

    4

    190度に熱した油の中に生地をゆっくり入れる。

  • 5

    5

    フライ返しなどを使って抑えつけたり、レードルで上から油をかけるようにするとムラなくこんがり焼けます。1分半ほどで裏返す。 途中でひっくり返して裏もよく揚げてください。1分半揚げる。

  • 6

    6

    生地をキッチンペーパーの上において余計な油を切ります。

  • 7

    7

    温めておいたグリルピザプレートの上に生地を乗せ、加熱しながらトマトソース、モッツァレラチーズ、粉チーズ、バジルを乗せる。

  • 8

    8

    グリルピザプレートごと温めておいた魚焼きグリルの中に入れ、強火で焼く。 (ガスタイプのグリルなら2分ほど、IHタイプのグリルなら4分ほど)焼き時間はご家庭のオーブンの性質によって調整してください。

カテゴリ