【9月23日はおいしい小麦粉の日】親子向け体験型イベントレポート

その他

こんにちは!富澤商店スタッフです。
気付けば10月ですね!

突然ですがみなさん、9月23日は何の日だったかご存知ですか?
実は富澤商店が制定した「おいしい小麦粉の日」だったのですよ。
先日の9月23日、この記念日に東京都・自由が丘のTOMIZAWA SHOUTEN×cuoca STUDIOにて親子向けの体験型イベントを実施しました。

今回はイベントの様子をお伝えしたいと思います!

「おいしい小麦粉の日」とは?

1543年9月23日の「鉄砲伝来」の時に、小麦粉の用途として代表的な「パン」が日本に伝わったという説から、日本で一番小麦粉の取扱い種類が多い富澤商店が、多種多様な小麦粉のおいしさを知ってもらうことを目的に制定。2018年に一般社団法人・日本記念日協会に認定、登録されました。

イベントの裏側:準備の様子

皆さまに試食していただくパンや会場やお土産を、愛情込めてスタジオスタッフ総出で準備!
喜んでいただけるといいな‥と思いを込めました。

イベント開始!そもそも小麦粉って?を解説

いよいよイベントスタート!
まずは、「そもそも小麦粉ってなぁに?」という内容をスタジオ講師の馬渡がフリップを使って身振り手振り、小さいお子さんにもわかりやすく解説しました。
小麦粉には強力粉・準強力粉・薄力粉があってそれぞれに特長があることや、外国産小麦、国産小麦の違いなどなど。みんな真剣に聞いて勉強中!

・小麦が、収穫されたときの粒から小麦粉になるまで。
・薄力粉や強力粉の違い。
・それぞれの小麦粉に向いている食品は?などなど…

※イベント開催前に検温、アルコール消毒を実施。
イベント中はマスクを着用し、感染予防対策もばっちりで対策して行いました。

実際に小麦粉でパンをつくってみよう!



今回はピザパンを作りました♪小さいおててが可愛すぎます、、

それぞれパンにも個性があって、見ているだけで楽しかったです!
大人にはできない想像力でパンの成形するのはお子さまたちならでは!こちらまでワクワクしてしまいます。

みんなで利きパン!国産小麦粉と外国産小麦粉を触って食べてみよう!

利きパンのコーナーでは北海道産100%の「春よ恋」と北米産が主体の外国産小麦「スーパーカメリヤ」を食べ比べ!
皆さんのパンを焼いている間に、馬渡やスタジオスタッフが準備したピザパンとシンプルな丸パンで食べ比べ用のパンを試食していただきました。どっちが好きかな?国産と外国産の違いがわかるかな?手を元気いっぱい上げて回答してもらい盛り上がりました。
どちらが良い、ではないのですが、食感や味わいの違いも感じていただければ嬉しいですね。

「子ども小麦粉博士号」を贈呈!

一日体験していただいた皆さまに、僭越ながら「子ども小麦粉博士号」を贈呈しました。
(贈呈式があまりにも楽しくて可愛くて、写真撮影を怠っておりました‥でもとっても盛り上がりましたよ!)
お土産には、「小麦の穂」と「春よ恋250g」「イースト」そして今回のピザパンのレシピカードもつけて♪
小麦の穂が皆さんにもとっても喜んでいただけたような…なかなか関東で見れないですもんね。
ご参加いただいたみなさま、1日お疲れ様でした!!

最後に・・・

イベントレポート、いかがでしたか?
参加していただいたお子さまたちは講師の解説に熱心に耳を傾けてくださり、パン作りも一生懸命楽しみながら体験してくださいました。素敵な笑顔もたくさん見ることができ、お手伝いで参加したスタッフからも開催できて本当によかったね!と声が上がりました。
運営スタッフ一同も、今回のイベントを企画して良かったなと心から実感しております。
コロナ禍でイベントごとはオンラインが多くなるご時世ですが、やはりリアルでの直接の接点を持てる素晴らしさはかけがえのないものだと感じました。また今後もこういったイベントを開催していけたらと思います。

改めて、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

コメント