基本の練りきり 梅

レシピID 20151107091951

TOMIZ

TOMIZ

練りきり生地のレシピです。お好みの色に染めて様々な練り切りを作ることができます。特別な道具がなくても作ることができる「梅」は、和菓子作りがはじめての方も作りやすいので、ぜひ挑戦してみてください。

  • 初級レベル
  • 60分
  • 電子レンジ

材料

6個分(約150g~160g)

作り方

  • 練りきり生地づくり1

    練りきり生地づくり1

    求肥を作る。耐熱ボウルに白玉粉を入れて、水の半量を加え混ぜる。

  • 2

    2

    残りの水を加え混ぜ、上白糖を加え混ぜ合わせ、レンジ600w20秒かける。

  • 2
  • 3

    3

    さらに1分ずつ加熱してコシと透明感を出していく。

  • 3
  • 4

    4

    出来上がった求肥を片栗粉を敷いたバットに取り出し、茶こしで上から片栗粉をふりかける。

  • 4
  • 5

    5

    白こしあん500gを耐熱ボウルに入れ上からキッチンペーパーを乗せ、電子レンジ600Wで2分程加熱する。

  • 5
  • 6

    6

    5を取り出し、カードやゴムベラで全体をよく混ぜ、粉吹き芋程度の固さになるまで1分から1分30秒ずつ何度か加熱していき、つど良く混ぜる。

  • 7

    7

    (6)の餡と(2)の求肥の重さが、餡:求肥=10:1になる様に量り、ゴムベラでよく混ぜ合わせる。この時どちらも熱く、求肥は柔らかい状態で混ぜる。

  • 8

    8

    生地をひとまとめにして固く絞った濡れ布巾の上に小さくちぎって粗熱を取る。

  • 8
  • 9

    9

    乾燥しないよう、すぐに再度ひとまとめにして生地をよく揉んでなじませる。(8)と(9)の作業を2、3回繰り返す。これで、練りきり生地が完成します。

  • 9
  • 補足

    練りきり、求肥は冷凍保存できます。使う分量だけ取り出して使用しましょう。

  • 梅の色づけと成形1

    練りきり生地75gを2つとり、片方をウィルトンのクリスマスレッドで淡い赤色に染める。

  • 2

    10~15gの生地を梅のにおい用にウィルトンのレモンイエローとオレンジで黄色に染める。

  • 3

    20gの餡玉を各3つずつ取っておく。

  • 4

    4

    白生地にこしあんを包み、赤生地に白こしあんを包む。

  • 5

    スプーンやヘラなどを使い、5本の筋を入れ、中心を少しくぼませ、においを置く場所を作る。

  • 6

    6

    黄色く染めた生地をふるいで押し出し、先の細い箸で(5)のくぼみに植え付けるようにおく。

  • 補足

    補足

    菓子の上に一点色をおいたり、花などのしべの部分を置くことを、においを付けるといいます。