レシピID 20151204154521

洋菓子 焼き菓子

かんたん!楽しく!アップルパイバリエーション

初級レベル

90分

印刷する

オーブン

SWEETSMount Cake 先生

焼き込むと美味しいクレーム・ダマンドを使った、簡単でかわいいサイズのアップルパイです。冷凍パイシートでお手軽に、いろいろな形を作ったらラッピングしておもたせにしたり、ツリーに飾ってパーティーのお菓子としても。りんごは煮たものを包むだけでなく、生のまま乗せてもOK。 形は型で抜いてもいいですが、ナイフでざっくり形を作ると、素朴感とオリジナリティが表現できます。 自由にアレンジして、とにかく楽しく作りましょう!

このレシピを7人がお気に入りしています

アップルフィリング
りんご 2個
りんごの重さの10%の重量
レモン 1/2個
適量
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

アーモンドプードルは、色合いの素朴さを出すためと風味が増すため、今回は皮付を使用。

作り方

  • 準備

    バターは常温に戻してやわらかくしておく。アーモンドプードルはふるっておく。

  • 作り方1(クレーム・ダマンド)

    常温に戻したバターをボウルに入れ、泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。そこへ粉糖を加え、白っぽくなるまでさらに混ぜる。

  • 2

    溶いた全卵を2〜3回に分けて入れてその都度しっかり混ぜ合わせる。

  • 3

    アーモンドプードルを加えて、ゴムベラで切るように混ぜ、滑らかな状態にする。

  • 4(アップルフィリング)

    りんごは皮を剥いて1.5cmくらいの角切りにする。鍋にりんごときび砂糖、レモン汁を入れて全体に砂糖をまぶすように混ぜ、しばらく置いて水分を出す。

  • 5

    鍋を中火にかけ、焦がさないようたまに混ぜながらりんごがしんなりするまで煮る。最後に好みでシナモン、ナツメグを加えて混ぜ、バットに広げて冷ます。

  • 形を作る(包むタイプ)1

    【プレゼントの形】冷凍パイシートを解凍し、軽く粉をふるった台の上で2mmの厚さに綿棒で伸ばす。

  • 2

    7cm角にカットし、カットした枚数の半量をピケ(生地に細かい穴をあけること)する。
    ※1シートを9等分にカットすると丁度よい

  • 3

    ピケした半量のパイシートに絞り袋でクレーム・ダマンドを絞る。その上にアップルフィリングを乗せていく。

  • ポイント

    ※四角形を意識してクレーム・ダマンドを絞ったり、リンゴを乗せるとよい。

  • 4

    刷毛で周りに水を塗り、上から残り半量のパイシートを被せ空気を抜くようにフィリングと生地の境目をしっかり押さえて接着する。

  • 5

    余った生地を三角形に切り、リボン型になるように水で接着する。表面に、少々水を加えた溶き卵を刷毛で塗り、ナイフで自由にリボンの線や模様を入れる。
    ※リボンの中心部にジャムを乗せると結び目のように見える。

  • 6

    冷たい天板にパイ生地を乗せ、あらかじめ200℃に熱しておいたオーブンで約30分焼く。

  • 形を作る(オープンタイプ)1

    【ツリーやブーツの形・小さなプレゼントの形】包むタイプの1同様に生地を伸ばす。クッキー型で生地を抜いたり、ナイフでカットしたり、自由な形で生地を切り出し、それぞれピケする。

  • 2

    クレーム・ダマンドを真ん中に絞る。
    ※多く絞りすぎると焼いたときに流れてしまうので注意する。

  • 3

    アップルフィリングを乗せ、余った生地をリボン型や星型に切って乗せる。生地部分の表面に刷毛で少々水を加えた溶き卵を塗る。

  • バリエーション

    薄くいちょう切りにした生のりんごを乗せて、シナモンを降ってもよい。

  • 4

    最後に粉糖をしっかり振って、200℃に熱しておいたオーブンで約15〜20分焼く。(大きさにより焼き時間は調整してください)

  • 5

    焼き上がり。

  • ラッピング1

    金ボタンホイールをパイのサイズに合わせてカットし包んで、クッキー袋に入れる。

  • 2

    スティックカラーでねじって留め、留めた部分にジュートリボンを差し込んで輪っかを作ればオーナメントに。

  • 完成

    手みやげにしたり、ツリーに掛けてパーティーのお菓子として楽しんでみましょう!

  • バリエーション

    出来上がり例

SWEETS

Mount Cake 先生

フレンチレストランにてパン、プティフール、デセール、オードブル調理を担当。その後洋菓子製造、販売メーカーにて商品パッケージやディスプレイ企画・デザイン担当を務める傍ら、お菓子ケータリング活動も行っている。
生活の中へ、気軽で楽しいお菓子作りやパン作りのとり入れ方や、見た目にも魅力的なラッピングなど、デザイン的観点からの提案も行う。

Mount Cake 先生のレシピ